治療料金のご案内

大人3,000円
学生2,000円
小児1,000円
初診料1,000円

各種健康保険も取り扱っています。ご希望の方は、お気軽にお申し出ください。
※医師の同意書が必要となります。

経絡治療の流れ

健康な状態は、気と血がバランスを取りながら順調に体内を巡っている状態。

一方、病的な状態は、気と血の巡りが悪くなり、経絡のバランスが崩れていると考え病を治すには、まずこの不調な状態を調整することです。

「病は気から」あるいは「気を病む」ということが病気とされるのは、こうした気血思想から生まれたとされています。

さらに、気と血はそれぞれ独立したものではなく、気の異常は血の変調をもたらし血の異常は気の変調をおこすといった具合に、お互いが依存、協調しあいながらバランスを取り合うものとして存在しております。

そのため、気と血の関係を重要視しています。

診断・「証」決定

photo

脈診流経絡治療は、全身の気血の状態を調整することで、あなたが本来持っている生命力を強化し自然治癒力が十分に発揮できる身体作りをしてゆきます。
そのために東洋医学独自の四診と言う伝統的な診察法を用います。 気血の状態を詳しく調べ、気血のバランスのくずれや過不足を診て「証」と呼ばれる漢方医学独自の診断を導き出します。
気血の状態は、脈診、腹診、手足の皮膚の状態など体表に現れる変化と問診によって得られた様々な情報を総合的に判断して把握します。

本治法

photo

四診によって導かれた証に従って、全身の気血の調整を行います。 これは主に手足にある重要なツボに対して補瀉と言う方法ではりを施します。
気は身体のごく浅い部分を流れていますので、補瀉のはりもごく浅い部分にすることで気血は調整されます。
気を整えるはりは、髪の毛ほどのとても細くしなやかなはりを用いますので全く痛みなどの深いな感じはなく、とても心地の良い感覚が得られます。
この本治法による全身調整によって、生命力は強化され自然治癒力も十分に働ける状態になります。
脈もゆったりとスムーズに打つようになり、精神もリラックスした安定の状態です。

標治法

photo

全身の気血の調整を行った後に、実際に症状のある患部に対しての気血調整を行います。
本治法によって、気血の流れは活発になっていますので、患部に対するはり治療もごく浅くマイルドな施術で十分効果が得られます。

また冷えなどの状態があれば温灸を行い、気血を暖めるようにします。温灸も熱くなく、とても心地よい感覚です。

脈診、腹診

photo

最後に脈診、腹診でお体の状態をチェックし、治療の効果をを確認します。
また必要に応じて養生法などアドバイスさせていただきます。

診療日