カテゴリー別アーカイブ: 院長ブログ

鑑賞して楽しむ「秋の七草」

台風による被害が毎年増えてきていますね。
秋の風物詩でもありますが、サッと通り過ぎてほしいものです。

ところで秋といえば、「春の七草」のように、「秋の七草」なるものがあります。

ちなみに「春の七草」は、1年の無病息災を祈ったり、正月料理で疲れた胃を休めるものとして、1月7日の人日(じんじつ)の節供に七草粥で食する風習が今でも続いていますよね。正月も三が日を過ぎると、スーパーの店頭に七草粥セットなどで並ぶため、ご存じの方も多いでしょう。

しかし、秋にも七草があることは意外と知られていません。秋の七草の存在を知っていても、七草の名前を全て言える方はもっと少ないでしょう。

「秋の七草」は一般的には、奈良時代の歌人、山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集で次の2首の歌に詠んだことから、日本の秋を代表する草花として親しまれるようになったとされています。

 「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」
(万葉集  一五三七 巻八)

 「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花(おみなえし) また藤袴 朝貌(あさがお)の花」
(万葉集  一五三八 巻八)


1つ目の歌で「秋の野に咲いている草花を、指折り数えると7種類ある」とし、
2つ目の歌で「それは萩の花、尾花、葛(くず)の花、撫子(なでしこ)の花、女郎花(おみなえし)、また藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがお)の花である」と述べています。

※「朝貌」については「朝顔」「木槿(ムクゲ)」「桔梗」「昼顔」など諸説ありますが
現在 一般的には「桔梗」を指すとするのが有力なようです。

〈 秋の七草の紹介 〉
【萩】(ハギ)
「萩」とは「秋に咲く草」という意味。お彼岸のおはぎは、この萩に由来します。

【桔梗】(キキョウ)
花期は夏なので、夏の着物によく描かれています。根は太く、喉に効く生薬になります。

【葛】(クズ)
茎で籠や布を織り、根から採取したでんぷんがくず粉となります。
くず粉で作ったのがくず餅。漢方薬の葛根(かっこん)は、葛の根を乾燥させたものです。

【藤袴】(フジバカマ)
乾燥させると香りが強く、桜餅のような香りがする。貴族たちは湯に入れたり、衣服や髪につけていたとか。別名「蘭草」「香水蘭」。

【女郎花】(オミナエシ)
恋に破れて身投げした女の脱ぎ捨てた山吹色の衣が、この黄色い花になったといいます。全体に大きく白い花が咲くのは「男郎花(オトコエシ)」。二つの自然交配種は淡い黄色で「オトコオミナエシ」といいます。

【尾花】(オバナ)
ススキのこと。草が茂っている様子が「薄(ススキ)」で、穂が出た状態は動物の尾に見立てて「尾花」といいます。ススキは「茅(カヤ)」ともいい、これで葺いた屋根が「茅葺屋根(かやぶきやね)」です。

【撫子】(ナデシコ)瞿麦とも表記
愛児を失った親が、その子の愛した花を形見として撫でたことに由来し、別名「片身花」といいます。日本女性の代名詞「大和撫子」はこの花からきています。

春の七草が七草粥にして無病息災を祈るものに対し、秋の七草はその美しさを鑑賞して秋の風情を楽しむものです。そのため、これにちなんだ節供や行事があるわけではなく、7種一緒に何かの祭祀などに使用されることもありません。
秋の七草の特徴は、見て楽しめるだけではなく、薬用など実用的な草花として昔の日本人に親しまれたものが選ばれている、ということです。 続きをみる>

「手当て」

前回のブログで、最後の方にちらっと出た「手当て」という言葉。
大概は、病気やけがの処置をすることをいいますね。

「手を当てる」というと、手の平を人や物の表面に当てる(触れる)ことを指すます。
しかし、その意のとおりにそのまま、医師が病人やけが人に「手を当てて」いるだけでしたら、患者さんも周囲の人々も怒り出すに決まっていますよね。(あやしげな宗教?でもあるまいし・・)
ここでいう「手当て」は人手やお金を割り当てて物事を処理すること、と考える方が良いかと思います。

子どものころ、『 痛いの、痛いの、とんでいけ~ 』と、おまじないのように、痛いところに手を当ててもらったら心なしか良くなった・・という経験はありませんか?

不安や緊張を感じたときに手を擦ったりして、心を落ち着かせる。
お腹が痛いときはお腹を撫で、頭が痛ければ頭を抱える。
痛みや不快を感じる部位へ無意識に手を当ててしまうのは、「手に癒やしの効果がある」ということを本能的に知っているからなのです。人間の生得的に備わった自然の反応です。

また、手を当てると遠赤外線効果がはたらき、当てている部分がじんわりと温まってきます。
温まると血行が良くなり、自然治癒力を促進するという作用もわかりますね。

手を当てると鎮痛作用のある神経伝達物質β-エンドルフィンの濃度が高まるというデータもあります。オキシトシンが分泌されて全身にひろがることも確認されているようです。

手を当てることで癒やしがもたらされると言うことは、本来誰にでもできる能力です。
これを体系的な「気」のメソッドとしたのが、明治時代の「霊気(れいき)」ですが、その後欧米に渡り、「Reiki」として多くの国で代替医療として認められ、保険適応であったり国家資格として、医療行為とされています。

「手当て」とは、それだけの力を持っているのですね。
日本生まれの霊気が、海外で盛んに行われている現状は私自身とても興味深いです。
当院での経絡治療も手当ての施術であるといえます。

日本伝統鍼灸の特徴として、皮膚の触覚所見を重視し、鍼の施術も極浅いところで効果が出る、というものがあります。
鍼灸の臨床を長年にわたりしていると、自ずと触れることによる癒やしの力が増してくる実感があります。 続きをみる>

幸せホルモン『オキシトシン』

「幸せホルモン」「安らぎホルモン」「癒しホルモン」「愛情ホルモン」「抱擁ホルモン」などと様々な呼ばれ方をする『オキシトシン』への注目が今、急速に高まっています。

『オキシトシン』とは、ギリシャ語で「早く生まれる」という意味の言葉が語源だそうで、古くから女性の出産や子育てに関連するホルモンとして広く知られていました。

特に近年、オキシトシンの研究が急ピッチで進み、その驚くべきホルモンの力が注目されるようになりました。「飼い主とイヌが触れ合うことで互いにオキシトシンが分泌される」という論文が、アメリカのサイエンス誌に掲載されたことで世界で話題になり、『オキシトシン』という言葉は広がりました。ここ数年の間に耳にされた方も少なくないのではないでしょうか。

このオキシトシン、分泌されると次のような効果をもたらします。
・幸せな気分になる
・ストレスが緩和する
・不安や恐怖心が減少する
・学習意欲と記憶力向上
・自己治癒力の向上
等々。

オキシトシンの産生部位は視床下部と下垂体といわれていましたが、今日までの調査で脳ではなく、皮膚自身が作り出していることがわかってきました。皮膚はいわば、「露出した脳」だったのです。皮膚にとって欠かせないオキシトシンだからこそ、タッチによって皮膚の細胞自体が産生し、放出しているわけです。

タッチしたり、優しく撫でたり、マッサージなどを受けることによって、皮膚でオキシトシンが産生され、皮膚の健康を保つことや、傷の直りが早くなるなど、医療の面でも美容の面でも役立っているのではないかと期待しています。

人と人とのスキンシップや簡単なボディタッチで分泌されるとはいえ、このIT時代。現実での触れ合いの機会はどんどん減少して、身近な触るものといえばキーボードやスマホの画面・・という現代人は、明らかにオキシトシン不足になりやすい状況にいます。

当院の鍼灸治療も浅鍼で、気持ちが良くオキシトシンが分泌されていると思います。
「手当て」というとケガや病気の治療という意味がありますが、手当て、の言葉どおり、まずは手を当てることから治療は始まっているのです。

  続きをみる>

自律神経 セルフケア術

お盆休み真っ最中です。
当院は今日で夏期休診も終了。明日から開院いたします。

大型台風が近づいておりますね。
まだまだ熱中症の予防はもちろん、気温や気圧の変化でも体調を崩しやすいですから、これからの時期は特に自律神経を整えるケアをしておきましょう。

先日なみはや支部会でも紹介したのですが、自律神経のセルフケアを取り上げた NHKの番組「趣味どきっ!」というコーナーはおすすめです。(現在 再放送中)
わかりやすい内容で、私自身も患者さまに説明しやすい教材だと思い、書籍も入手しました。
NHK Eテレ「趣味どきっ!」自律神経セルフケア術 <全8回>
自律神経を整えてカラダの不調とサヨナラしよう!
講師:小林 弘幸
順天堂大学に日本初の便秘外来を開設し、これまで1万人以上もの便秘患者を診察。
自律神経研究の第一人者として、多くのアスリートの指導にも関わっている。

Chapter 1 血行が変わる
Chapter 2 疲れが変わる
Chapter 3 頭痛が変わる
Chapter 4 腸が変わる
Chapter 5 イライラが変わる
Chapter 6 メンタルが変わる
Chapter 7 睡眠が変わる
Chapter 8 更年期が変わる

夏場の冷え・むくみなどの血行、腸、イライラ、睡眠、更年期。
その不調のメカニズムを知り、改善させていく内容になっています。

血行を促す呼吸法や簡単スクワットなど、誰でもできるセルフケア術やすぐに実践できる対処法、効果的なドリンクのレシピなど教えてくれます。

たくさんの「自律神経セルフケア術」が紹介されていますので、その中でも取り入れられそうなもの・気に入ったものを試していただき、できるだけ心身が快適な状態を、みなさまが維持できるようになればと思います。 続きをみる>

立秋、残暑お見舞い申し上げます

8月7日になれば、暦の上では「秋」とはいえ、まだまだ暑い盛りですね。
時候の挨拶も、暑中見舞いはこの前日まで、この日以降は残暑見舞い。
二十四節気のひとつ「立秋」。この日から立冬の前日までが秋、となります。

暦の上ではこの日が暑さの頂点となり、翌日からの暑さを「残暑」と言います。
ピークということは、この後は涼しくなるばかり?のはず・・です。

暑い日が続いていても、ふと空を見上げると、秋の兆しが見え始めます。秋の気配は空から。
空が少しずつ高く感じられるようになり、もくもくとした入道雲の上に、刷毛で掃いたようなシュッとした巻雲など、秋の雲が現れはじめます。夏の風と秋の涼やかな風が混在しはじめます。

夏の太平洋高気圧が弱まると、低気圧が日本に近づき通過していくようになり、このときに見られるのが、シュッと流れるような秋の雲。
いわし雲、さば雲、うろこ雲などの名前がついており、いわし雲が早く出た年は、イワシが豊漁になるともいわれています。

そういえば、8月の8~10日は、八九十(はくとう)の語呂合わせから、「白桃の日」だそうです。
旬のフルーツ 桃のジューシーな果肉は、夏の紫外線で傷んだ肌を若返らせる効果があるそう。
この時期おいしいスイカや梨もいいですが、桃もオススメです。 続きをみる>

舌でわかる健康状態

東洋医学では、爪などで健康状態を確認する方法があります。
今回は、簡単に今の体調をセルフチェックできる方法をご紹介します。

まず、舌をベーっと前に出してみてください。
真っ直ぐに伸びていますか?
舌を口から前に出したときに、細かく震えていたり、左右のどちらかに曲がっている場合は、体力が著しく低下している可能性があります。

《舌の色》
白っぽい:疲れやすい、貧血、虚弱体質、体の冷え
赤みが強い:体の水分不足、精神疲労
赤みが紫色:血流不良、肩こり、腰痛、生理痛

《舌の形》
舌にひび割れや亀裂がある:体の水分不足、口腔内の乾燥(唾液の分泌が少ない)、ストレス過多
舌に歯形が付いている:水分過剰によるむくみ、胃腸機能不良

《舌苔》 ※ 舌苔…舌表面に付着している白いカスのようなもの
舌苔が厚く真っ白:胃腸障害(消化不良状態)、冷え
舌苔が薄く、ほとんどない(部分的に苔がない):水分不足、アレルギー体質
舌苔が黄色い:食べ過ぎ、風邪(発熱)
舌苔が黒っぽい:極度な体力低下、高熱、抗生物質の長期摂取

本来、健康な舌は薄ピンク色で表面に薄く白い苔がついている状態と言われています。
舌苔の厚さとして、苔の下の薄ピンク色の舌の色が見えるくらいが適当とされています。

顔には体の健康状態を示す様々なシグナルが現れますが、舌は顔の中でも特に身体の状態がよく表れる部位として重要視されています。舌が大きくて分厚い人は、体も大きくガッシリした体格で、反対に小さく薄い人は、ヒョロっと痩せ型の方が多いようです。

舌はその時の健康状態がすぐに現れます。ぜひ、舌診の習慣をつけることをおすすめします。
歯磨きの際のついでにでも、鏡の前で舌をべーっとだして、色、舌苔の量を確認してみましょう。酷使している胃腸や内臓が悲鳴をあげていないか、気にかけてあげるといいですよ。 続きをみる>

夏期休診のお知らせ

梅雨も明け、厳しい暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、当院では、8月11(日) ~ 15(木) 迄
夏期休診とさせていただきます。
16(金)より開院いたします。

メールによるお問い合わせにはお答えできますので、よろしくお願いいたします。 続きをみる>

「體」

體。

夏の風物詩、 鱧(はも)ではありませんよ。
さて、なんと読むのでしょう??

正解は「からだ」

旧字体の体、という漢字です。
体(簡体字, 新字体)
軆, 躰, 骵(俗字)
豊(きちんとならべる)& 骨、から成り立つ会意文字です。

「からだ」という漢字には「体」以外に「身体」「躯」「躰」「軆」があります。
「体」は常用漢字ですが、それ以外は常用漢字表に掲げられていない表外字のため、通常は「体」を使うことになります。

この中で、「躯」は常用漢字でないとはいえ「体躯」「躯体」などのような二語熟語で使うことが多いのですが、これは、他の漢字に比べると「からだつき」「骨組み」の意味が強くなっています。また、「躰」は「体」と同じ意味です。

漢字は基本的に常用漢字を使うのが決まりなので、新聞や雑誌など通常の印刷物においては「体」を使うのが一般的で、通常はこれらの漢字について、特に使い分けを考えずに「体」を使っています。

ただ、常用漢字の決まりというのは絶対的ではなく、使う人の判断に委ねられており、何かを強調したい場合は次のような使い分けが行われています。

 →
人間や動物などの生物だけでなく様々な物体の「からだ」を意味します。
物理的な意味合いが強く、現実的な「からだ」の存在がある場合に使います。

身体
人間や動物に限定された「からだ」を意味します。
現実的な存在でなく医学的、栄養学的な表現で、からだの部位や臓器等を具体的に指す場合
に使ったり、「身体がいくつあっても足りない」等のような抽象的な使い方をします。

身体(しんたい)は、生物学的かつ文化的に規定された、有機体としての人間や動物の構造を指します。小説等で使われる際にルビ付きで「からだ」という読み方をする場合もありますが、これは正式な読み方でなく俗的な「当て読み」です。

常用漢字では「しんたい」と読むそうです。
そして「身体」は、公的な文章や改まって丁寧に言う場面で使われることが多いそうです。

躰は「体」と同じ意味だそうです。常用漢字ではないので、通常は「体」を使うことになるそうです。古語ではよく使われるようで、名詞として姿や様子、ありさまを表す言葉として使われたり、接尾語として意味を表したりするそうです。

体  → 親しい人にざっくばらんな話をする場面
身体 → 公的な文章や、改まって丁寧に言う場面
躰  →「体」と同じだけど、少し古風な表現

しかし、どう省略していけば「體」が「体」になるのでしょうか。
おそらくその過程には「軆」「躰」という字体が介在していたのではないかと思われます。
「骨」も「身」も同じようなものですから、省略という意識ではなかったのかもしれません。

「からだ」と言えば「身」の「本(もと)」ですから、画数が少ないだけではなく、意味的にもうまい省略です。「躰」まで来てしまえば、「体」まではそんなに遠い距離ではありません。

つまり、「からだ」というのは「人」の「本体」だというわけです。

  続きをみる>

パーキンソン病

80代の男性で、パーキンソン病の治療に通われている患者さまがおられます。
パーキンソン病とは、脳の中の黒質と呼ばれる場所に存在するドーパミン神経が脱落してなくなっていってしまう病気です。

私たちの体は、大脳皮質からの指令が筋肉に伝わることによって動いています。この大脳皮質の指令を調節し、体の動きをスムーズにしているのがドーパミンです。 パーキンソン病は、中脳の黒質にあるドーパミン神経細胞がこわれて、作られるドーパミンが減ることによって発症します。

パーキンソン病では次のような特徴的な症状が出現します。
振戦(手足の震え)、動作緩慢(動作の鈍さ)、筋強剛(筋固縮)、歩行障害、姿勢反射障害(小刻みで足をすった歩き方)姿勢保持障害(転倒しやすさ)を主な運動症状とする病気で、50歳以上で起こる病気です。

進行性の病気で、一旦発症すると自然によくなったり治ったりすることはありません。大多数の患者さんは原因不明です。加齢に伴って発症しやすくなりますが、働き盛りの若いうちから発症する患者さんもいらっしゃいます。
時々は40歳以下で起こる方もあり、若年性パーキンソン病と呼んでいます。

パーキンソン病になると運動障害が現れるため、動くのが億劫になって生活の質が下がり、最終的には寝たきりになってしまう人もいます。症状の進行にともない体を動かしにくくなりますが、だからといって体を動かさないことは、運動機能の低下を加速させます。

冒頭の患者さまは、車椅子で奥さまと一緒に来院されています。
当初は会話も出来ない状態でしたが、通院されて8か月が過ぎたぐらいに、言葉が話せるような変化があらわれました。

ご高齢でもあり運動機能の改善は特にみられませんが、1年近くの治療を続けている現在、奥さまと従来のように会話ができ、施設のカラオケも楽しんでいると、奥さまも喜ばれています。

お薬は特に変えていないとのこと。
これは、経絡治療が脳血流に良い影響を与えた結果ではないかな、と感じております。 続きをみる>

自律神経とアレルギー

今日は七夕ですね。梅雨の中休みの天気、彦星と織姫が逢えるといいですね。

前回、シミの発生や悪化は自律神経失調が関係している、とお伝えしました。
今回は、その延長線の話をしたいと思います。

自律神経失調状態の症状としては、次のようなものがあります。

・精神症状の異常(不安・集中力の低下・意欲の低下・イライラ・気が滅入る・怒りっぽい…等)
・筋肉や関節の痛み(肩コリ・首コリ・関節のだるさ・手足のしびれ・全身の緊張感)
・消化不良(食欲低下・胃痛・吐き気・喉がつかえる感じ・膨満感・便秘・下痢・ガスが多い)
・血流の異常(動機・胸痛・めまい・立ちくらみ・冷え・のぼせ・偏頭痛・フワフワする)
・呼吸の異常(息が苦しい・息が詰まる・息が吸いにくい・息が浅い)
・睡眠障害(眠れない・寝つけない・眠りが浅い・朝起きるのがつらい・常に眠い)

全身の症状としては、疲れやすい・倦怠感・微熱・冷え(もしくは火照り)、など。

現代の私たちが暮らす環境では、交感神経と副交感神経のバランスが取りにくい生活パターンが多いです。昔に比べて現代人のアレルギーが増えたのは、副交感神経優位によるリンパ球の増大が関係しています。

また、子どもたちにおいても、ゲームやスマートフォン、カラオケなどの娯楽施設の普及が進み、外で遊ぶ機会が減少しています。

運動不足や、適度な紫外線を浴びて体を刺激することがないので色白で交感神経が活性化されず、副交感神経優位状態を持続します。
リンパ球が増大し、過敏体質になり、アレルギーが発症する、というメカニズムです。

当院に来られる患者さまの多くは〈交感神経優位〉の状態ですが、アレルギー症状は〈副交感神経優位〉の状態で発症します。
いずれにしても、経絡治療で〈交感神経〉と〈副交感神経〉をバランスのとれた状態に整えてあげることが大事です。 続きをみる>