当院の治療法 - 奥田鍼灸院が考える治療-

経絡治療と他のはり療法とはここがちがう。

photo

一口にはりと言っても、現在多くの方法が行われています。
これらを大別すると、一般に多く行われている電気はりや中国はりに代表される物理的刺激を主体としたものと、気の調整による生命力の強化を行う伝統鍼灸に大別できます。
脈診流経絡治療は、この伝統鍼灸術です。

経絡治療は痛くありません。

photo

気の調整を行う経絡治療は、髪の毛ほどの細さの鍼を用い、多くの場合皮膚表面に触れるだけで治療が可能です。
加えて刺入する場合でも撚鍼と言う方法ではりをしますので、経絡治療のはりは全く痛くありません
むしろ心地よい感覚が得られます。
皮膚の浅い部分は、交感神経が優位に働いており、経絡治療によるソフトな鍼施術によって、交感神経の過緊張が収まり、心身をリラックスモードに導きます。
また最近の皮膚科学では、脳の疲れを取り心を癒やすホルモンのオキシトシンが皮膚からも分泌されていると言うことが発見され大きな注目集めています。
皮膚に対して施術する経絡治療には、心の疲れを取り癒やす効果があります。

オーダーメイドの治療を行います。

photo

一人一人の体質体力を、漢方独自の診察法で十分に把握し、各個人に最適な治療を行います。
虚弱体質の方、女性やお子さんも安心して治療が受けられます。

全体的な体調が良くなります。

photo

例えば肩こりや腰痛で治療を受けていても、自律神経のみだれを整えて、全身の体質改善、生命力の強化を行いますので、肩や腰はもとより他のところ、血圧が正常になったり、生理痛が無くなったり、風邪をひかなくなった、疲れにくくなった等々、全身の状態が合わせて向上し免疫力が強化され病を未然に防ぐことが期待できます。

症状の再発がしにくくなります。

photo

例えば神経痛に対して治療を行った場合、対象療法だけでは、一時的に症状が治まっても、再発することが多々あります。
これは対症療法的に症状だけを目標に治療が行われるからです。
これに対して、経絡治療では、症状を起こす、身体の仕組みを根本から正常にしますので、再発をさけることができます。

いろいろな症状に効果がある

photo

はりと言えば、痛みやこりの治療と言うイメージが強いようですが、これは電気鍼など刺激治療が痛みこりの症状以外には効果が出しにくいことから起こる誤解です。
経絡治療では、痛みや凝りに効果があるだけでなく、内蔵疾患、自律神経、ホルモン失調、アレルギー疾患、婦人科疾患等々、幅広い症状に対して効果があり、むしろ経絡治療の真価は、このような疾患に対して発揮されると言えるでしょう。
またどことなく調子が悪い、思うように身体が動かない、気分がすぐれずやる気が出ない。
病院で調べてもらっても原因がわからないような状態も自律神経のみだれが原因であり、経絡治療で改善されます。

診療日