タグ別アーカイブ: 自律神経失調症

腸脳相関

朝、出掛ける前、急に差し込むようなお腹の痛みに悩まされる… という方は、一定数おられます。
冬など気温が低くなると身体の冷えもあり、特にひどくなると言います。
下痢止めのCMのように、出勤前の途中、急な腹痛に困ったことはありませんか。

腸の運動は自律神経系がコントロールし、バランスが保たれています。
過度なストレスを感じると自律神経系のバランスが崩れ、腹痛や下痢が起こることがあります。
これが慢性的なものだと、過敏性腸症候群と診断される方が多いです。

起きて活動しているときは交感神経が働き、腸の働きが弱まります。
一方、休息しているときは副交感神経が働き、大腸の働きを強めます。
睡眠中は副交感神経が働き、大腸で水分が吸収されながら便が動いて、起床後に排便が起こるのが規則的なサイクルです。

ところが、大きなストレスを認識すると大脳辺縁系のような脳の深い部分に不安や緊張といった情動が発生し、脳の中心部にある自律神経系の最高中枢である視床下部に信号が送られます。

ストレスが大きければ大きいほど、その信号が過剰に伝わり視床下部がオーバーワーク状態になってしまいます。私たちの身を守るための警報のような働きをしてくれているともいえますが、これが過常に働きすぎると自律神経系のバランスが崩れてしまい、大腸の動きもバランスを崩し下痢を起こしやすくなるのです。

当院では、脉診流経絡治療を中心に「夢分流腹部打鍼術」を合わせ用いる事により、経絡と臓腑の両面から気のアンバランスを速やかに改善できるようにしています。 続きをみる>

高血圧と自律神経

11月に入り、グッと朝晩が冷えてきました。
寒くなってきますと、よく耳にするのが「(寒さで)血圧が上がる」といった話です。

高血圧とは、血圧の高い状態が続くことをいいます。
血圧が高いために体に不調が出ている、と考える場合(動脈硬化などの身体構造的な要因など)もありますが、体に不調があるために血圧が高くなっている状態の方もいます。

それは、高血圧の原因が自律神経の乱れによって引き出されている場合です。
自律神経の一番の役割は、心臓・血管・リンパ管などの循環器をコントロールすることです。
循環器症状である高血圧も現れやすい症状といえます。

自律神経の交感神経が過度に緊張することで、血管が狭くなり、高血圧になることがあります。
実際に、交感神経優位で不眠が続いていたら、一時的に最高血圧180を超えてビックリした、という30代の女性もおられました。

自律神経失調症の方には様々な症状が出てきていますので、特に意識せずとも高血圧状態になることがあります。血圧測定を心掛け、日頃のバロメーターにするのも良いかと思います。

血管は、交感神経が強く働いている時に収縮し、副交感神経が強く働いている時には拡張します。
この自律神経がバランス良く働いていると、血管は適度に収縮と拡張を繰り返し、全身の毛細血管まで血液は行き渡ります。

これまでの臨床経験におきましても、自律神経失調症状を治療していくと、血圧が下がり安定してくることが分かっています。自律神経の乱れを整えてあげると、自然と血圧は安定してくるということです。 続きをみる>

鍼灸治療の皮膚刺激による「オキシトシン」

当院の治療法 のページや、このブログでも何度か登場している「オキシトシン」
鍼灸治療における皮膚刺激との関係について、今回は書いてみたいと思います。

皮膚に触れることで心身を癒す手技というのは、古来より世界中さまざまな文化で行われてきました。ギリシャの聖医ヒッポクラテスも触れて病を治したとされ、エジプトの壁画にも触れて病を治す場面が描かれていたり、中国の黄帝内経にも按摩の記述が残っているようです。

鍼灸治療に使用する鍼は髪の毛ほどの細さの鍼を用い、まったく痛みのない浅い部分、多くの場合は皮膚表面に触れるだけで治療が可能です。

子どもさん向けの小児鍼は、接触鍼という肌に優しく触れるだけの刺さない鍼ですが、かんのむし、夜泣き、アレルギーなど様々な症状に効果があります。

皮膚の浅い部分は、交感神経が優位に働いており、経絡治療によるソフトな鍼施術によって、交感神経の過緊張が収まり、心地よい感覚が得られ心身をリラックスモードに導きます。
皮膚に対して施術する経絡治療には、心の疲れを取り癒やす効果があります。

科学的には、脳の疲れを取り心を癒やすホルモンのオキシトシンが皮膚からも分泌されていることが発見され、近年注目されています。

また、皮膚感覚は心の状態を反映していることも解明されています。摂食障害の患者は皮膚感覚に鈍いことや、発達障害や認知症の患者も皮膚感覚に問題があることもわかってきました。

臨床において鍼灸治療はストレス関連疾患に対して有効であるとされていますが、このような、皮膚感覚は脳の働きに大きな影響を与えているという研究結果からも、鍼灸治療の可能性を感じております。

当院で多くしているメンタル治療は、皮膚に対する軽微な施術によって気の流れを正常に整え、気が滑らかに身体を流れるようにすることによって臓腑の働きを助け、心に効くと考えています。

美容鍼灸の話で触れたセロトニン、そしてオキシトシンも、鍼灸のメンタルに対する効能に関して大きな働きをしてくれています。 続きをみる>

秋の不調

今年の夏も猛暑でしたが、9月に入ってから朝晩が特にめっきり涼しくなりましたね。

このような日中の気温の緩急が大きい時期は、心身に不調を起こしやすくなります。
夏の疲れが出る頃でもあり、気温や気圧が変わりやすい気候では自律神経のみだれが原因だと考えられます。

自律神経のみだれによる不調で多いのが「不眠」です。
当院にも不眠の悩みで来られる方、また別の症状とともに眠れないとおっしゃる方は多いです。

多くの場合、陰気の弱りから、相対的に陽気の方が昂ぶり熱となって頭部に停滞しており気が上がっている状態になっています。肝と腎の陰気を増やし、上半身に停滞している陽気による熱を冷まして、昂った神経を鎮め気を引き下げるように治療します。

また、自律神経が整っていない状態が続くと「うつ症状」も出やすくなります。
日照時間の少ない冬期に症状が強くなったり発症することが知られていますが、夏から秋にかけてのタイミングでうつも症状悪化・発症の危険性が高まるようです。

運動不足や、適度な紫外線を浴びて体を刺激することがないため交感神経が活性化されず、副交感神経優位状態を持続します。リンパ球が増大し、過敏体質になり、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーも発症しやすくなります。

東洋医学では、不調は身体の陰陽の気のアンバランスとしてとらえ、治療しています。
経絡治療で【交感神経】と【副交感神経】をバランスのとれた状態に整えてあげることが大事です。

当院では不眠の訴えのある方には「ヨーガニードラ」をおすすめしています。
これは「寝たまんまヨーガ」とも言われ、身体を動かすことなくできるヨーガです。

超おすすめは「ディープリラクゼーション」というCDです。前半の部分に、ボディースキャンや筋弛緩、呼吸法などのワークが入っていて、多くの方はCDの最後まで聴けずに途中で眠りに入ることができます。

またアロマもおすすめしています。
不眠には真正ラベンダーとプチグレンの組み合わせが効果的です。

そしてただ今私自身で試しているのですが、シダーウッドバージニア精油も良いと思います。
木の香りがして、眠りの質が向上し、深く眠ることができます。 続きをみる>

頼りにしています(MSさん 40代 女性)

出産後、体質が変わってパニック障害やいろんな不調と20年以上付き合ってきました。
3年位前に心労と更年期が重なって食べられない寝られない動悸、不安症など自律神経失調症の不調のオンパレードで心療内科に行くか悩んでる時にたまたまこちらのレビューを見て行ってみようかと思い立ちました。
当時は採血の注射針で失神した事もあるくらいで針を刺すことが怖くて抵抗がありましたが藁をもすがる気持ちでした。
恐る恐る訪ねた奥田先生の治療は全然痛くもなく、どんどん癒されました。
肩や腰など痛い所を施錠して貰って帰りにはスッキリしている時もあれば、その時はあまり実感がない時でも翌日以降どんどん痛みが治まります。
今では隔週で整えていただきパニックも出ないし本当に落ち着いてきました。
同じ様な体質の娘共々お世話になり、施錠以外にもヒーリングに関するいろんな知識を教えて貰い、頼れる奥田先生にはいつまでもお元気でいて欲しいと思います。 続きをみる>