カテゴリー別アーカイブ: 雑話

ひな祭り 菱餅に込められた願い

本日 3月3日は 桃の節句、ひな祭りですね。
本来は五節句のひとつ、「上巳(じょうし)の節句」といいますが、ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」として親しまれています。

五節供の「節」とは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の節目のことです。
古代中国では、3月3日や5月5日のように奇数(陽)の重なる日は、おめでたい反面、陰に転じやすいとされ、邪気を払う行事が行われていました。

1月7日の「人日(じんじつ)の節句=七草がゆ」
5月5日の「端午(たんご)の節句=菖蒲」
7月7日の「七夕(たなばた)の節句」
9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句=菊」
と、季節の変わり目に邪気をはらい、無病息災を願う年中行事であります。

ちなみに「節句」が一般的ですが、古くは「節供」と書かれていました。
季節の変わり目にあたって祝いを行う節日(せちにち)に、供御(くご=飲食物)を奉る、ことから「節供」としたと考えられています。

ひな祭りの供御といえば、「菱餅」や「ひなあられ」ですが、「ひなあられ」は行事の際に「菱餅」を砕いて外に持ち出したことが始まりだとかで、色も菱餅に由来しているのだそうです。

菱餅といえば現在は三色団子にみられる、緑、白、桃色、と春らしいパステルカラーの3色が重なった菱型のお餅をいいます。

もともとは古代中国で「上巳節」の時に食べていたハハコグサ(母子草:春の七草での御形(ゴギョウ))の餅がルーツで、日本に伝わる際に良い香りで邪気を払う力があるとされる、ヨモギを使った餅になりました。ひな祭りによもぎ餅(草餅)を食べるのはこの名残りです。そのあたりの話は 以前こちら で書いています。

中国ではヨモギは寿命が延びるという思想から、春の節句つまり3月3日に用いられるようになりました。
この緑のよもぎ餅に、江戸時代「菱の実」を入れた白い餅が加わりました。
そして明治時代、クチナシを入れた赤い餅が加わって3色の菱餅になりました。

それぞれの色の意味は

・緑・・・ 健やかな成長(ヨモギの厄除け効果から)
・白・・・ 子孫繁栄、長寿、純潔(菱の実の血圧を下げる効果から)
・桃色(赤)・・・ 魔除け(赤は魔除けの色、くちなしの実の解毒作用から)

どの色にも健やかな子に育ってほしいという願いが込められています。

※地域により、菜の花を表す黄色を加えて4色にする場合などもあるとか。

また、色を重ねる順番で春の情景を表現しているともいわれます。
下から「緑・白・桃色」というのは、「雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている情景」だそうです。

お菓子として美味しいだけでなく、縁起よく、見た目も春らしくて華やかです。
季節の変わり目の邪気を払うための節句ごとに、「自然の力にあやかり、健康で幸せに過ごせるように」という願いがこめられています。 続きをみる>

恭賀新春

明けましておめでとうございます。
新春を迎え、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月、の「正」の字には、年の初め、年を改める、という意味があるそうです。
相田みつをさんの言葉で覚えがあるですが、「正」は「一+止」で構成されています。漢和辞典では、「止」というヘンで引きます。

「一に止まる」=【自分の原点に立ち帰る】
つまり、お正月=【新年に初心に帰り、自分を見直す】ということです。
なるほど、腑に落ちますね。

本日1月6日より、通常通り診療しております。
奥田鍼灸院は今年で開業30周年を迎える節目の年です。
より一層、皆さまの心身の健康のお手伝いができるよう、精進してまいります。 続きをみる>

紅茶の効果とオススメの飲み方

年末年始は寒波がやってくるようで、急に寒くなるようですね。
体調には気をつけて、冷え対策をしっかりしておきましょう。

風邪予防やインフルエンザ対策で、「緑茶うがい」が推奨されていると以前に話題にしたことがありますが(新茶の季節です)緑茶だけでなく「紅茶」も最適です。

緑茶や紅茶などに含まれるカテキンの抗菌・抗ウイルス作用はもちろんのこと、紅茶は漢方では体を温める陽性食品です。また最近では、紅茶ポリフェノールがインフルエンザウイルスを抑制するという研究も注目されています。

14年間毎日紅茶を飲み続け、風邪やインフルエンザとは無縁という医師がオススメしている飲み方を紹介します。

1.しょうが紅茶。しょうがは体を温める作用があり、寒い時期におすすめです。

2.こまめに飲む。よりウイルスを意識するなら30分~1時間に1回など、ひと口や数口こまめに
飲んで、紅茶を口腔内に存在させてウイルス感染力を抑えることが大切。

3.外出したり、人混みの中を歩いた後は、帰宅後すぐに飲むのが効果的。

4.自分で入れた紅茶がおすすめ。ホットでもアイスでもOK。リーフでもティーバッグでも変わ
らず、カフェインレス紅茶や、出がらしの紅茶でも同様の効果が期待できるようです。

5.ミルクを加えない。(ストレート・しょうが紅茶が効果的な飲み方)
紅茶ポリフェノールのなかでもテアフラビンという成分がウイルスに有効なようです。
ミルクを加えると紅茶の抗ウイルス効果が消えてしまうので注意。

コロナウイルスへの感染予防効果は検証されていませんが、紅茶や緑茶を飲む習慣で免疫力は高まりますので、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

今年も残すところあとわずかとなりました。
本年も奥田鍼灸院をご愛顧賜りまして、ありがとうございます。

年内の最終診療日は12月30日(水)までです。
新年は1月6日(水)から始めます。

みなさま、良い年をお迎えくださいませ。
新しい年が明るく良い年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
来年もどうぞ奥田鍼灸院をよろしくお願い申し上げます。 続きをみる>

ジグソーパズル

治療室のジグソーパズルはただいま秋バージョンです。


私の両親が作っているのですが、当院へいらっしゃる方へのおもてなしとして、季節に合わせた風景のジグソーパズルを飾るようにしています。

当院では風景画ですが、柄や模様のない難易度の高い単色無地パズル、というのもありますね。
通常、ジグソーパズルは絵や写真などの色や模様を手がかりに組み立てていきますが、無地の場合はひとつひとつのピースの形状だけを手がかりに解くことになります。

似たような形のピースがいくつかあったりしますが、平面状のパズルでは基本的に全く同じ形のピースは他にないそうです。難解で忍耐力を必要とするため、過去に宇宙飛行士選抜試験にも出題されたとか。白一色のものは「ミルクパズル」と呼ばれるそうです。

最近では平面的なジグソーパズルだけではなく、3Dパズル(立体パズル)と呼ばれる立体的なジグソーパズルも人気のようですね。

出来上がった後もインテリアとして飾ったり、花器やランプシェードとして楽しめるタイプなども。地球儀や月などの球形パズルの他にも、ビルや家、船なんていうのもあるようです。

ジグソーパズルの「ジグソー」とは、英語 jigsaw(糸鋸 いとのこ)のことで、木の板を糸鋸で切って作られたことが由来とされています。ピースの材料は紙が多く、コルクや木などもあります。

3Dパズルの場合、ピースの材質も様変わりして、ガラス・アクリル・プラスチックなどを使用したものも出ています。紙や木と違って耐久性や結合力が強く、のり付けしなくてもバラバラにならないので、オブジェとして飾っておくのに最適です。

ちなみに「プラダー・ウィリー症候群」の患者は、通常に比べてジグソーパズルを組むのが巧い(平均 約3倍の速さ)という研究報告があるとのこと。特定の事物に固執する特性や、形状・空間把握の能力に優れているためと考えられていますが、医学的にまだ詳しく解明されていません。

  続きをみる>