タグ別アーカイブ: 鍼灸治療

顔面に対する鍼灸治療

現在、鍼灸を受療する方の半数以上が「美容目的」だというデータがあります。
これはTVや雑誌などマスコミの影響が大なんだろうと思いますが、今まで美容と鍼灸がここまで注目されたことはなかったです。

私は鍼灸治療で健やかに美しくなれる健美が手に入ると考えています。
経絡治療をしていると、肌の状態が良くなってゆきます。これについては、敏感な方だと治療を始めてから割と早い段階で気づかれることが多いです。

東洋医学的な解釈では、皮膚表面に巡っている衛気が全身を滑らかに流れるようになった結果です。
西洋医学的な解釈をすれば、自律神経が整えられて皮膚でも血流が改善されているということになります。

そして最近の研究成果において、顔に対する鍼施術で注目すべき事が分かってきました。

顔面の抗重力筋・・といってもすぐにわからないかもしれませんね。口角を上げて笑顔を作る筋肉群です。口の周りの筋肉、そして目の周りの筋肉群に対する鍼刺激によってセロトニンの分泌が多くなり、また脳の血流が増加することが分かってきました。

セロトニンはストレスに対して効果がある脳内物質です。精神の安定や安心感や平常心、頭の回転を良くして直観力を上げるなど、脳の活動を活発にしてくれます。

これが顔面に対する鍼灸治療によりセロトニンが分泌され脳内の血流が改善されて、健美とともにメンタル面でも大きな効果が期待できるエビデンスとなっています。
当院では、特にメンタル面で必要のある方には積極的にお顔の施術をしています。 続きをみる>

ヨーガの個人指導から学ぶこと

新年のタイミングで「今年はもっと自分の心身に向き合っていこう」と、今年1月から隔週でヨーガの個人指導を受けております。もう早いもので、半年以上のレッスンになります。

今は太陽礼拝など少々ハードなポーズも加わって、まぁ歩みは遅いですが進歩してきたのではないかと思うようになりました。

ヨーガはもう何年も前からほぼ独学で続けてきましたが、一度実際に本格的な指導を受けてみ
たいと思うようになり、昨年の年末に偶然見つけたヨーガスタジオに連絡を取ってお願いしました。

守口市のヨガスタジオ YOGA GANGA(ヨガガンガー)代表 講師:かわちゃん


指導してくださる先生は、とても熱心な素晴らしい方でインドへ何度も行かれており、私が望んでいたインド哲学に基づく本格的なヨーガを教わることができております。出会いに感謝ですね。

私が行っている鍼灸は中国がその発祥ですが、その源をたどればインドにあるのではないかと考えています。
チャクラやプラーナも、鍼灸のツボや気の概念と多くの点で重なります。
ヨーガを教わることで、鍼灸の郷里に想いをはせています。

実際に指導していただくことで、私自身の身体のクセ・無駄な力の入り方・姿勢の悪い点など、的確に指摘してくださり、毎回私なりの課題をいただいています。
常にバージョンアップしている鍼灸治療を、これからも末永く続けられるよう、ヨーガの実践を通じて心身のメンテナンスをしてゆきます。 続きをみる>

アロマを勉強中です

こうも雨が続くと、ジメジメして気分がスッキリしませんね。
家で過ごす時間が増えている方も多いのではないでしょうか。
コロナウイルス対策で、おうち時間を楽しむグッズの売れ行きが良いそうですね。

私はというと、今、アロマに凝っています。
以前から趣味的には好きでしたが、認知症にアロマの香りが効果的だという本を読んでから、おもしろいなぁと思い関心が高まりました。

前述の本は鳥取大学の先生が書いた本です。
 文献参考:認知症予防に対するアロマセラピーの可能生
 (鳥取大学医学部保健学科 生体制御学 谷口 美也子 助教授 浦上 克哉 教授)

ローズマリー・カンファーとレモンのブレンド精油で、朝2時間香りを嗅ぐと認知機能や記憶力に良いと… 介護施設でのアロマセラピー導入結果など取り上げられていました。
実際にやってみると、なんとなく頭の回転が良くなって集中力が向上するのを感じます。

それから少しテンションも上がるみたいです。
鍼灸治療にアロマセラピーの要素も付加すると面白いのではと勉強中です。
今後のブログでも、その学習の成果をご紹介したいと思います。 続きをみる>