処暑、夏花壇

もうすぐ8月も終わり、二十四節気では「処暑」です。
厳しい暑さが落ち着く頃、とはいっても、日中はまだまだ暑く、夏の気候が続きます。



写真は、夏バテ知らずの当院の花壇です。
ハイビスカスの写真を撮ってもらいました。ニチニチソウもキレイに咲き、皆さまをお出迎えしています。暑さに負けず元気です!

守口市で50年以上にわたり花屋さんをしている患者さまに、夏にふさわしい花を選んでもらい、植え付けまでしていただきました。
さすがプロですね。とても好評です。また秋冬もお願いしたいと思っています。

ニチニチソウ(日々草)は、晩秋まで次々に新しい花を咲かせ、長い間お花を楽しませてくれます。日々花が絶えないことから名前は由来しているそうです。
ハイビスカスは、夏が似合う南国の花というイメージですが、こちらも秋までの長い期間にわたって花を咲かせて楽しめるようです。

どちらも夏の日差しの中、パワーを与えてくれています。
夏の疲れが出てきたら、植物に癒され、鍼灸治療でシッカリ身体の状態を整えてくださいね。