ロンドンでの、うつに対する鍼灸治療

先日NHK総合テレビで「東洋医学ホントのチカラ」という特番がありました。
東洋医学 ホントのチカラ 冬のお悩み一挙解決SP

水曜のゴールデンタイムでの放送だったので、ご覧になった方も多いと思います。
内容は、冬にみられる心身の不調を東洋医学で解決し、ツボ押しなどのセルフケア方法を紹介するというものです。

アイドルグループやアスリートの方の、鍼灸でのメンテナンス紹介などもあり、なかなか鍼灸に対して喜ばしい内容でした。
近年3000年の歴史をもつ東洋医学の治効メカニズムが、現代科学で徐々に明らかになってきています。古代中国の知恵に、ようやく科学的なエビデンスが得られるようになってきたのだと思われます。

番組中で私が特に注目したのは、ロンドンで行われている うつに対する鍼灸治療の紹介です。

イギリスで鍼灸。しかも、うつの治療。
少々奇異に思われた方も多いのではないかと思いますが、私が所属している【東洋はり医学会】は欧米にも多くの支部があり、私の恩師である元副会長の鹿住 晴廣 先生も、ロンドンでの経絡治療の講習会に招聘され、多くのイギリス人鍼灸師を指導しておられました。

番組では、鍼灸治療でうつの症状が改善されている様子が紹介されました。
また日本においても、うつに対する鍼灸治療の臨床研究が大学病院などで始まり、その治効メカニズムとともに治療成果が7割以上の患者さんに認められたと紹介されていました。

具体的には、鍼灸治療によって、うつに深く関係しているとされる脳の前頭葉の血流が大きく改善されていることがわかってきました。また、最近のうつの発症メカニズムとして、ストレスによって脳内に炎症が起こり、この炎症のために神経活動が低下してうつが引き起こされるといわれるようになっており、鍼灸治療はこの炎症を減らしている可能性があると考えられています。

当院でも、もう何年も前から、うつや不安神経症、パニック障害などのメンタルの症状に対して経絡治療で取り組んできました。
その経験から、確かに鍼灸は心に効くのだと確信を持つようになりました。

以前のブログでも触れておりますが、東洋医学には3つの大きな特徴があります。
予防としての医学、自然と人との調和、そして心身の相関による心身医学です。

日常においても、鍼灸治療を受けると、身体が軽くなり気分が明るくなったり、億劫だったことが何ら問題なくできるようになったり、考え方が前向きになったりという声をよく聞きます。
これは経絡治療が、単に肉体に効いているだけではなく、メンタルヘルスにも良い影響を及ぼしているのだと考えられます。