その後の経過観察

先日から書いている梅核気の患者さん〈臨床雑話(姿勢と喉:症例①&②)でご紹介しています〉は、お二人とも経過は良いです。
調子が良い日が増えてきたとのこと、治療家として嬉しく思います。

40代の女性は【天突(てんとつ)… 左右の鎖骨が交わる中央部】部分の圧迫感を訴えておられます。陰維脈を意識した治療で、自律神経系の症状は治療できると考えます。

それから前回のブログで書いていますメンタル症状の女性のお二人ですが、こちらも良い感じで経過しています。

不安神経症の方はオンラインでヨーガのレッスンを受けているので、こちらからはヨーガニードラのCDをオススメしたところ、とても気に入って実習されています。

そして、鬱でイライラ感がとても強い方は、「2回治療した時点で食欲が出てきて、今までできなかったこと・・例えば買い物などもできるようになり、気持ちが前向きになってきた」とうれしそうにおっしゃっています。

オキシトシン効果なのかアロマ効果なのか、とにかく2回の施術でこれだけ変化することには、鍼灸治療のメンタル症状に対しての可能性を強く感じますね。