お盆休みの過ごし方

8月7日になれば、暦の上では「立秋」
二十四節気のひとつで、この日から「暑中見舞い」も「残暑見舞い」に変わって、立冬の前日までが暦の上では秋となります。

ようやく長い梅雨が明けたと思ったらもう秋とは・・
暦の上では夏は終わりますが、これからが夏本番。まだまだ暑い盛りですね。

この時期に注意したいのが、「夏の疲れ」です。
夏バテと言ってもよいかもしれませんが、多くは夏場の冷えが原因です。

身体の倦怠感、熱っぽさ、だるさや消化器のトラブル、ボーっと無気力になるような精神状態など、様々な症状が出てきます。

今年のお盆休みはどこにも行かず、家で過ごすという方も少なくないかと思います。
冷房環境、運動不足、食べ過ぎあるいは飲み過ぎ・・など身体に負担をかけやすい条件が揃いますのでシッカリ自分の体調と相談してみてください。

シャワーだけで済ませずに、ゆっくり湯船に浸かって身体を温める。
常温のお水で胃腸を冷やし過ぎない。

夏場の冷えは、クーラーによる冷やしすぎ、あるいは冷たい飲食物の摂り過ぎなどが原因として考えられます。熱中症対策としては、身体を冷やすことも必要なので、冷やし過ぎず・・という調整が難しいですね。

また、この残暑が続く中にふと涼しい日があると、過ごしやすくてうれしいのですが、そのような時には、ギックリ腰や頚の急な痛みを発症することが多くありますので、注意が必要です。

当院での鍼灸治療でも、今頃から夏の冷えと秋に向けての体調管理の目的で、適宜温灸などで身体の陽気を増やすようにしています。

またこの夏は胃腸炎が流行っているようです。胃腸の不調を訴える方が例年よりも多いように思います。
夢分流の腹部打鍼術で、みぞおち、そして胃などの緊張を和らげるようにして、胃腸の健康を助けるように施術しています。