「脳の疲れ」を回復する、4つの栄養素

緊急事態宣言の延長。
外出自粛による非日常生活も続き、コロナ疲れが出てきている時期だといわれています。

「不安で気分が沈むし、疲れがとれなくて目覚めが悪い、なんだか体がだるい・・・」

押し寄せてくる心身の「疲労」。実はそのほとんどは「脳の疲れ」が原因であります。
脳の疲れ、つまりは「自律神経の疲れ」です。

自律神経は脳の中枢で、呼吸・心拍・体温調節・血流などを司る、いわば「体の司令塔」です。
自律神経が乱れる原因として、まず考えられるのはストレスです。

ストレスで自律神経が過活動になると、脳細胞が大量の酸素を消費し、細胞を酸化させる脳のサビ「活性酸素」を排出します。
この活性酸素で細胞機能が落ちると、危険信号として自律神経が全身に「警報」を発動します。

その警報は、気分が沈む、集中力が下がる、などといった心の不調として現れます。
自粛による不安感や生活リズムの異常などの精神的ストレスなどに加えて、栄養の偏りなど化学的ストレスもあると、うつ・自律神経失調症になる可能性があります。

心と身体、両方の症状を見逃さず、休息を取ることがまずは大切です。そして、栄養の過不足も原因の一つとして、気をつけなければならないものです。

その際、疲労回復効果の高い食事を摂れば、効率よくリカバリーできます。
なかでもおすすめは、疲労回復力を高める4つの栄養素です。





  1. 活性酸素除去に欠かせない「イミダペプチド」
    ヒスチジンとβ-アラニンという2つのアミノ酸からなるイミダペプチドは、活性酸素を除去する効果が大。しかもイミダペプチドは脳内で合成できるので、元となる栄養を摂って脳に届ければ、抗酸化力が続く、というわけです。
    特に多く含まれるのは鶏むね肉。含有量が高いので1日100 グラム 摂れば十分。
    豚ロース肉、マグロもおすすめです。

  2. 血流改善で、疲労回復の土台を作る「DHA&EPA」
    血流改善に効果的なDHA&EPA。血流を良くする食材を摂れば、脳に十分に血が巡り酸素と栄養が行き渡るので、脳を守る役目を持つ自律神経の大きな助けになります。
    サバやサンマなど青魚に豊富。保存食品であるサバ缶など手軽でおすすめです。煮汁にも栄養が含まれるので、汁ごと摂れる献立が良さそうです。

  3. 体中の酸化にアプローチ「リコピン&カロテン」
    活性酸素が出た瞬間に即アプローチ、体内に入れておけば疲れに先回りして効いてくれるのが抗酸化物質。
    トマトやニンジンなどの緑黄色野菜はその代表格。抗疲労効果は強力ですが、摂り方にはコツがあります。摂取して2時間ほどで効果が消えるので、こまめに摂ること。サラダや野菜ジュースなど、どんな形でもいいので頻繁に摂ることがポイントです。

  4. 現代人ならではの疲労に効果的「クエン酸」
    エネルギー生産効率を高めるクエン酸は、食生活が偏りがちな人には効果的な成分。特にダイエット中など、カロリー不足の傾向にある若い女性には有効です。
    レモンなどの柑橘や、梅干し、酢に多く含まれており、前出の 1.「イミダペプチド」と一緒に摂ると相乗効果が期待できます。鶏むね肉とレモン、梅干しを合わせたレシピなんかも、気温が上昇してきた今の時期に食べやすいですね。


毎日の食生活に取り入れて、疲れを早めにリセット。
自律神経を整えて、サビない身体を目指しましょう。
参考文献:
梶本 修身 先生(東京疲労・睡眠クリニック 院長)
『疲労回復の名医が教える誰でも簡単に疲れをスッキリとる方法』