作成者別アーカイブ: okudasinkyu

ひな祭り 菱餅に込められた願い

本日 3月3日は 桃の節句、ひな祭りですね。
本来は五節句のひとつ、「上巳(じょうし)の節句」といいますが、ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」として親しまれています。

五節供の「節」とは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の節目のことです。
古代中国では、3月3日や5月5日のように奇数(陽)の重なる日は、おめでたい反面、陰に転じやすいとされ、邪気を払う行事が行われていました。

1月7日の「人日(じんじつ)の節句=七草がゆ」
5月5日の「端午(たんご)の節句=菖蒲」
7月7日の「七夕(たなばた)の節句」
9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句=菊」
と、季節の変わり目に邪気をはらい、無病息災を願う年中行事であります。

ちなみに「節句」が一般的ですが、古くは「節供」と書かれていました。
季節の変わり目にあたって祝いを行う節日(せちにち)に、供御(くご=飲食物)を奉る、ことから「節供」としたと考えられています。

ひな祭りの供御といえば、「菱餅」や「ひなあられ」ですが、「ひなあられ」は行事の際に「菱餅」を砕いて外に持ち出したことが始まりだとかで、色も菱餅に由来しているのだそうです。

菱餅といえば現在は三色団子にみられる、緑、白、桃色、と春らしいパステルカラーの3色が重なった菱型のお餅をいいます。

もともとは古代中国で「上巳節」の時に食べていたハハコグサ(母子草:春の七草での御形(ゴギョウ))の餅がルーツで、日本に伝わる際に良い香りで邪気を払う力があるとされる、ヨモギを使った餅になりました。ひな祭りによもぎ餅(草餅)を食べるのはこの名残りです。そのあたりの話は 以前こちら で書いています。

中国ではヨモギは寿命が延びるという思想から、春の節句つまり3月3日に用いられるようになりました。
この緑のよもぎ餅に、江戸時代「菱の実」を入れた白い餅が加わりました。
そして明治時代、クチナシを入れた赤い餅が加わって3色の菱餅になりました。

それぞれの色の意味は

・緑・・・ 健やかな成長(ヨモギの厄除け効果から)
・白・・・ 子孫繁栄、長寿、純潔(菱の実の血圧を下げる効果から)
・桃色(赤)・・・ 魔除け(赤は魔除けの色、くちなしの実の解毒作用から)

どの色にも健やかな子に育ってほしいという願いが込められています。

※地域により、菜の花を表す黄色を加えて4色にする場合などもあるとか。

また、色を重ねる順番で春の情景を表現しているともいわれます。
下から「緑・白・桃色」というのは、「雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている情景」だそうです。

お菓子として美味しいだけでなく、縁起よく、見た目も春らしくて華やかです。
季節の変わり目の邪気を払うための節句ごとに、「自然の力にあやかり、健康で幸せに過ごせるように」という願いがこめられています。 続きをみる>

お肌の大敵、春の乾燥注意!

昨日までのここ数日は春のように暖かく、過ごしやすい日が続きましたね。
大雪のニュースが報道されていたのもついこの間のことですが、3月にかけて三寒四温。季節の変わり目です。そんな時期は、どうも体調を崩しやすいだけでなく、お肌の調子も乱れがちです。

基本的に冬が乾燥しやすいとされていますが、乾燥のピークとされているのは 1・2月だそうです。
外的環境の湿度は降水量や気温によって大きく影響を受けてしまうので、積雪など降水量の多い時期となると湿度は高まります。

もちろん冷暖房の環境下や地域差もありますので一概には言えませんが、美容業界の方などは「魔の2月」とまで言うほどに、実は2月が1年で一番乾燥する時期なのだとか。

暖かくなってきた春の季節は、乾いた春風や花粉・砂埃・徐々に強くなる紫外線など外的ダメージも強くなり、肌はとても過酷な状態になります。冬を過ごした乾燥肌に加えて、外的刺激が加わる事で肌は過敏な状態になり、乾燥はもちろん湿疹やかゆみなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

また春先は、気温が変動することで起こる寒暖差疲労に加え、新年度の始まりでもあり、仕事や引っ越しなど環境の変更によるストレスも受けやすく、自律神経も乱れやすくなります。特に今年はコロナ禍の不安も相まって、不眠の症状でお困りの方も増えています。

ホルモンバランスや体の免疫力も低下すると、体調だけでなく肌のバリア機能も低下してしまうので、肌はさらに過敏な状態になります。

そうした外的ダメージと内的ダメージが加わる事が乾燥肌を加速させ、肌トラブルを引き起こす引き金となっているのです。お手入れをせずに乾燥肌を放っておくと、シワ、シミ、たるみ、ほうれい線、くすみなど肌の老化を早める原因につながります。

 

経絡治療に美肌効果があることはあまり知られていないように思います。
昨今、美容鍼灸としてマスコミで取り上げられていることもあって、美容鍼灸のイメージでは、これでもかというぐらいの量の鍼が顔に刺されているのを想像する方も少なくないかと思います。

ですが、もともと生命力強化を行う経絡治療は、美容鍼灸として顔に特別施術をしなくとも、美容美肌効果があります。

通院されている方のお話でも、不定愁訴などの治療を続けているうちに、肌の代謝が良くなって肌の状態そのものが良くなっていくと聞きます。肌のきめが細かくなった、肌につやが出る、化粧ののりが良くなるとかおっしゃいます。

アトピー性皮膚炎の既往がある方は、ステロイドのためにお顔に黒ずみもあり乾燥した状態でしたが、治療に通われるうちに徐々に黒ずみが減少し、肌につやと潤いが出てきました。また施術後は、全体に顔の浮腫が取れて引き締まった状態になります。

このようなことは経絡治療をしているとよくあることです。治療を続けているうちに、肌の代謝が良くなって肌の状態そのものが良くなって行きます。

経絡治療の全身調整だけでも皮膚の状態は良くなりますが、美容目的で来られている方には顔面に対する鍼施術を加えることでよりいっそう美容効果が上がるようです。経絡治療での鍼施術は、皮膚に触れるだけの治療なので痛みも無く内出血などの心配もありません。

経絡治療の全身調整に、もともと美容美肌効果があることを知っていただければと思います。

  続きをみる>

脈拍(脉診)からわかること

コロナ関連で、「パルスオキシメーター」がニュースで取り上げられることがありますね。
装置(プローブ)を指にはさみ、皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するための装置です。

脈拍数は、一般的な血圧計でも最高・最低血圧とともに測るものが多いと思います。
脈拍(脈診)からわかることは多く、定期的に脈を取り続けていると、普段と異なる脈に気付くことができ、健康状態を知るバロメーターにもなります。

戦国武将の健康意識は高かったといわれますが、なかでも独眼竜で知られる伊達政宗(享年70歳)は、「推脈(すいみゃく)」=脈診、が特技だったようです。自分の脈をとることで病気の早期発見をしていたといわれています。医者も感心するほどに的確で、家臣の脈もとっていたのだとか。

余談ですが、先日終わったばかりの大河ドラマ『麒麟がくる』でも脈診と鍼が登場していました。
堺 正章 演じる東庵先生に治療を受けるシーンがありましたが、東庵先生のモデルは曲直瀬 道三(まなせ どうさん)で、明智光秀が曲直瀬道三に治療を受けたというのは史実です。
それどころか、最近の研究では明智光秀自身も医述の心得があったということがわかってきて、私としても興味深いです。

脈は安静時と運動時ではもちろん違いますし、恐怖や驚きなどの精神状態にも影響されます。
飲酒時や発熱など、体調によっても変化します。

また、脳梗塞などの多くの病気を引き起こす不整脈の発見や、心臓の病気の発見につながることもあります。女性の場合は妊娠でも脈の打ち方が変わってきます。
脈診で、体の異変を早期の段階で察知できる場合もあります。

当院の治療においても脈診は、腹診、手足の皮膚の状態など体表に現れる変化と問診を組み合わせて得られた様々な情報を総合的に判断して、気血の状態を把握します。
中医学の診察では四診(ししん)といいます。

望診:ぼうしん(視覚による診察法)患者さんの顔や舌を見る
聞診:ぶんしん(聴覚、嗅覚による診察法)声色を聞いたり体臭を嗅ぐ
問診:もんしん 質問を提示する
切診:せっしん(触覚による診察法)脈や手足背腹に触れる

望・聞・問・切、の4つの診察方法(四診 ししん)によって総合的に判断した証を導き出します。 続きをみる>

セルフケアの必要性

コロナウイルス感染症対策として、今やテレビ番組やCMなどでも「免疫力を高める」方法や商品が多く紹介されています。中には不安や恐怖を煽るトンデモ商法も存在するので、鵜吞みにせずに、しっかりと本質を理解して冷静な判断をすることが大切です。

緊急事態宣言の延長を受けて、ここのところ自宅で出来るセルフケアの需要が増え、免疫力向上として、お灸への関心も高まってきています。お灸講座・お灸教室などへの参加人数が増えていると耳にしました。

インフルエンザウイルスやコロナウイルスのようなウイルスとの戦いには免疫力が必要です。
免疫力を高めるためにも、自分で自分の健康を管理する能力、日々の養生はとても大切なのです。

コロナウイルスを排除するという西洋医学的な考え方が主流ですが、ウイルスは変異したり強くなることさえあるかもしれず、私は完全に排除することは難しいと思います。

ウイルスとの共存を前提とした社会、いわゆる「ウィズコロナ」として生活するための工夫が求められていると考えます。

東洋医学は、健康となる自然治癒力を引き出し高めて症状を改善する医学です。病気にならない、なりにくい健やかな身体を作ることで生命力を強化していきます。

セルフケアは、治療と治療の間をつないでもらうためにも大事だと思います。
患者さんがしっかりと自分の身体に向き合い、自分の身体に興味を持つと治療効果も上がります。お灸はセルフケアのきっかけとして手軽に取り入れやすいのも良い点ですね。

経絡治療を継続して受けていると、風邪をひきにくくなります。もし風邪になっても、寝込まない程度で治まることがほとんどです。
風邪は万病の元ともいいますが、経絡治療で免疫力が向上していることは自信を持って言えます。 続きをみる>

こむら返り、足のつり

暦の上では大寒(だいかん)ですね。
寒い時期に増えてくるのが、「足のつり」や「こむら返り」です。
この季節につりやすい原因は「冷え」が大きく関係しています。

一般的に、激しい運動や急に体を動かしときに起こりやすい症状ですが、栄養不足や水分不足、冷え、熱中症、急激な寒暖差や病気などの原因で起きることがあります。

夏に多いのが、汗をかくことによる水分不足やミネラル不足の原因です。
汗とともに筋肉の動きを調整するミネラルが排出され、筋肉疲労が起こりやすくなります。
すると老廃物が溜まり、筋肉への血流も不足しがちです。

もちろん冬も、乾燥やトイレが近くなることを控えての水分不足ということもありますが、寒さによる冷えで「血」のめぐりが低下することも原因のひとつです。

血行不良は足がつる要因の一つでもあります。
第二の心臓、とも呼ばれるふくらはぎは、全身に血液を巡らせる大切な役割を持っています。
冷えてふくらはぎの筋肉が緊張してしまうと、血流が滞り血行不良を引き起こしやすくなります。

真冬の朝方は気温が低いので、寝ている間、自分でも気づかないうちに身を縮めた寝姿で寝ていることがあります。すると筋肉は緊張状態が長く続き、朝方さあ起きようと、急に足を伸ばすと「いてててて…!」となるのです。

漢方では、人の身体は「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで構成されていると考えられています。「水」と「血」のバランスが乱れた状態(「水」が不足していると「血」を巡らせることもできませんよね。)ですと、足をつりやすくなります。

たまに発生するくらいならそこまで気になりませんが、あまりに頻繁に起きる場合は、一度ご相談ください。 続きをみる>

経絡と時間の関係

冬は日が短く、日によって寒暖の差などもあり、体のリズムを崩しやすい時期です。
東洋医学の視点から、一日の体のリズムに沿った理想の過ごし方を紹介します。今回は、経絡と時間の関係について、あまり知られていないのではと思い、取り上げてみました。

心(しん)や肝(かん)などの身体を構成する「臓腑(ぞうふ)」は、常に体内を巡る「気」や「血(けつ)」によって養われていると考えるのが中医学です。
そして、気血がとくに多く流れ込む時間は、臓腑ごとにそれぞれ少し異なると考えられています。

この気血が注がれるタイミングによって各臓腑は活発になったり休んだりするため、人間もそれに応じて行動することが、養生につながります。

養生とは、日常や未来を健康に過ごすための土台作りであり、長い中医学の歴史の中で積み上げられてきた知恵の集大成です。現代においても、その恩恵を活かすことができます。

たとえば、朝7時~11時の間は、消化器官である「胃」や「脾(ひ)」が活発になる時間帯です。この時間にしっかり食事をとることで、栄養を効率よく活用することができます。

また、午後3時~7時は、膀胱と腎臓の時間帯です。
それに従うと、3時の休憩には利尿作用のあるお茶を飲み排泄を促し、仕事帰りには腎を刺激するために歩いたりジムでひと汗かいたり… そのような過ごし方が理想的だといえます。

その中でも最も大事なのが、夜の時間帯です。
夜11時~深夜1時の間は、消化を進めると同時に体の中を掃除する「胆(たん)」が活発になる時。その後の1時~3時は、体を巡っていた血が肝に戻り、浄化される時間帯です。

血は肌や髪を養いますが、目を使うことで消耗されるので、夜11時~深夜3時の間に起きていると、胆が働けないために脂肪が蓄積し、きれいな血が蓄えられないので肌や髪にも悪影響を及ぼします。夜更かしは、美容に悪いとか、ダイエットの敵、と言われるのはこのためですね。

深夜3時~早朝5時は肺の時間帯です。
新鮮なキレイな空気で、肺を養います。この時間もしっかりと眠っていることが理想的です。

  続きをみる>

血行障害(しもやけ)

二十四節気では小寒(しょうかん)です。
「寒の入り」といわれ、これから更に寒さが厳しくなる頃。小寒から節分までの三十日間のことを「寒の内」といいます。寒が明けると立春になります。

まだまだ空気は冷たく寒い時期ですが、春に向けて少しずつ動き出してゆきます。

この時期に発症しやすいのが、「凍瘡(とうそう):しもやけ)」です。
気温が5℃前後で、昼夜の気温差(10℃以上)が大きく、寒暖の差が激しい時期に発症しやすいといわれております。

今時しもやけなんて…と思う方もいるかもしれませんが、しもやけは血行障害が原因なので、現代でも冷え症の方に多くみられます。

体質により個人差があるようですが、女性や子ども、一般的には寒冷に弱い方や痩せ型の方などに多く発症し、動脈硬化のある方にもできやすいようです。

寒冷の程度、冷気にさらされている時間、皮膚表面の湿度、靴の種類、局所の圧迫などにより頻発の可能性が高くなります。

しもやけは、身体全体の血流の状態がとても影響します。末端冷え性は、東洋医学では冷えと瘀血が原因と考えます。

予防対策としては、足先の血行を悪くする様な爪先の狭い靴や、きつく締め付ける衣服はなるべく避け、食事ではビタミンE・ビタミンCを摂ると良いでしょう。
それでもしもやけになってしまった時には、お灸が効果的です。

お灸は患部に温熱刺激を与えることで血管が収縮・拡張し、局所の充血や貧血を調整し炎症を和らげます。しもやけは急激な気温の変化に血管の広がりがついていけずに発症するので、少しずつ温めることで、血管がゆっくりと広がっていきます。

全身の血液循環を促すよう、三陰交(さんいんこう:内くるぶしの中心から、指幅4本上がった場所)や、足三里(あしさんり:膝蓋骨の外側にある窪みから、指幅4本下がった場所)がオススメです。

また、経絡治療を続けていると、しもやけが発症しなくなることはよくあります。
「冬になると毎年のようにしもやけになっていたのに、鍼をするようになり、今年はならなかった」という話を聞くことが多いです。

経絡治療によって全身の血流が改善したことの、ひとつの目安でもあります。

最近来院されている20代の女性の例ですが、2年前からパニック障害になり、様々な症状に悩まされておられましたが、鍼灸によるメンタル治療で、かなりの改善が見られます。

先日のお話では、以前は36度以上あった体温が、パニック障害を発症してからは35度台に下がっていたそうです。しかし、治療を受けて調子が良くなってからは、また体温が36度台に戻ってきたとのことでした。

新型コロナへの対策も、詰まるところ私たちの免疫力を維持し、向上することが大事です。
経絡治療は免疫力に対して、大きな働きをしていると考えています。 続きをみる>

恭賀新春

明けましておめでとうございます。
新春を迎え、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月、の「正」の字には、年の初め、年を改める、という意味があるそうです。
相田みつをさんの言葉で覚えがあるですが、「正」は「一+止」で構成されています。漢和辞典では、「止」というヘンで引きます。

「一に止まる」=【自分の原点に立ち帰る】
つまり、お正月=【新年に初心に帰り、自分を見直す】ということです。
なるほど、腑に落ちますね。

本日1月6日より、通常通り診療しております。
奥田鍼灸院は今年で開業30周年を迎える節目の年です。
より一層、皆さまの心身の健康のお手伝いができるよう、精進してまいります。 続きをみる>

紅茶の効果とオススメの飲み方

年末年始は寒波がやってくるようで、急に寒くなるようですね。
体調には気をつけて、冷え対策をしっかりしておきましょう。

風邪予防やインフルエンザ対策で、「緑茶うがい」が推奨されていると以前に話題にしたことがありますが(新茶の季節です)緑茶だけでなく「紅茶」も最適です。

緑茶や紅茶などに含まれるカテキンの抗菌・抗ウイルス作用はもちろんのこと、紅茶は漢方では体を温める陽性食品です。また最近では、紅茶ポリフェノールがインフルエンザウイルスを抑制するという研究も注目されています。

14年間毎日紅茶を飲み続け、風邪やインフルエンザとは無縁という医師がオススメしている飲み方を紹介します。

1.しょうが紅茶。しょうがは体を温める作用があり、寒い時期におすすめです。

2.こまめに飲む。よりウイルスを意識するなら30分~1時間に1回など、ひと口や数口こまめに
飲んで、紅茶を口腔内に存在させてウイルス感染力を抑えることが大切。

3.外出したり、人混みの中を歩いた後は、帰宅後すぐに飲むのが効果的。

4.自分で入れた紅茶がおすすめ。ホットでもアイスでもOK。リーフでもティーバッグでも変わ
らず、カフェインレス紅茶や、出がらしの紅茶でも同様の効果が期待できるようです。

5.ミルクを加えない。(ストレート・しょうが紅茶が効果的な飲み方)
紅茶ポリフェノールのなかでもテアフラビンという成分がウイルスに有効なようです。
ミルクを加えると紅茶の抗ウイルス効果が消えてしまうので注意。

コロナウイルスへの感染予防効果は検証されていませんが、紅茶や緑茶を飲む習慣で免疫力は高まりますので、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

今年も残すところあとわずかとなりました。
本年も奥田鍼灸院をご愛顧賜りまして、ありがとうございます。

年内の最終診療日は12月30日(水)までです。
新年は1月6日(水)から始めます。

みなさま、良い年をお迎えくださいませ。
新しい年が明るく良い年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
来年もどうぞ奥田鍼灸院をよろしくお願い申し上げます。 続きをみる>

大雪、事八日「針供養」

日に日に寒さが厳しくなってきました。
今日は冬至ですね。来年の節分までの期間が一陽来復です。
今が陰の極みで、これから少しずつ陽気が戻ってきます。

昨日まで、二十四節季では大雪(たいせつ)の季節でした。
その名の通り、平地にも雪が降り積もり、本格的な冬の到来が目に見えてわかる時期です。
ここ数日では、日本海側や山間部の地域で大雪のニュースが報道されていましたね。

新しい年の準備をはじめる「正月事始め」もこの時期から行われます。

12月8日と2月8日は「事八日(ことようか)」といい、「事始め(ことはじめ)」「事納め(ことおさめ)」の行事が行われてきました。
「事(こと)」はコトノカミという神様のことで、その神様を祀るお祭りです。

昔の農家では、2月8日が「事始め」で田の神様を迎え、その年の農作業を開始しました。
そして12月8日は「事納め」となり、作業を締めくくり正月の準備を始めました。

年神様を迎えるために正月準備を始めるので12月8日を「事始め」、正月の行事をすべて終える2月8日を「事納め」とする地方もあります。「事」を何ととらえるかによって始めと納めが変わるため、混在しているわけです。

「事八日」には一年間お世話になった道具を片付け、供養する風習があります。
代表的な行事が「針供養」です。テレビや新聞で、着物を着た女性たちが、神社や寺で、針を豆腐やこんにゃくに刺しているシーンを見たことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

針供養とは、使えなくなった針を神社や寺に納めたり、感謝の気持ちを込めて柔らかい豆腐やこんにゃくに刺して供養し(地方によっては餅や饅頭、大福などを贈る地域もあるそうです)、裁縫の上達を祈る江戸時代から広まった行事です。

大阪では天満宮が有名ですね。「お針まつり」とも呼ばれています。
針塚があり、その前に置かれた大きなこんにゃくに針を刺して供養します。

豆腐やこんにゃくに針を刺す理由としては、「一年間働き続けた針に、最後くらいやわらかいところで休んで成仏してもらいたい」という気持ちが込められているとされています。

現在では、各家庭で裁縫などの針仕事をすることが少なくなったため、針供養はあまり広く知られてはいないかもしれません。しかし、服飾関係の企業や教育機関などでは、現在も針供養の風習を大切にしているそうです。

日頃から使用している針に対して感謝の気持ちを示し、針を供養して奉る。そういう意味では、私ども鍼灸師ももちろん、針の労をねぎらう気持ちを疎かにしてはなりません。
医療廃棄物のため、鍼はさすがに供養はできませんけどね。

  続きをみる>