月別アーカイブ: 2021年11月

迷走神経、ナソ治療

先日は、なみはや支部の支部会でした。
(感染状況も落ち着き、先月に続き今月も支部会を開催することが出来ました。良かったです。)

私が最近読んだ本で、新たな自律神経の働き「ポリヴェーガル(poly-vagal)理論入門」について話をした際に、支部会に聴講で参加していた方が今ちょうど読んでいる最中でビックリしたと、嬉しい奇遇がありました。「ポリヴェーガル」とは「多重迷走神経」という意味ですが、この辺の話は改めてまたご紹介します。

自律神経のみだれやメンタルの諸症状は様々ですが、東洋医学的な見方をすると、その本質には気がスムーズに身体を巡っていないこと=「気滞(きたい)」にその原因があると考えます。

過度なストレスは気を滞らせ、気滞の状態になることで交感神経の働きが過剰になってしまいます。気滞で心身が限界まで到達すると、副交感神経から成る迷走神経が自然に高ぶります。生体の防御反応として迷走神経が働き、生じるわけです。

東洋はり医学会で行われている頚肩部に対するナソ治療の主治範囲と迷走神経の働きは、多くの部分で類似しています。
ナソ治療は、東洋はり医学会が独自に開発してきた頚肩部に対する治療法です。

肩こりなど頚肩腕部の症状は言うまでもなく、胃腸疾患、婦人科疾患、精神症状など幅広い症状に効果があります。リンパ液の循環を促し免疫力を向上させ、良い姿勢を作ることで、筋や神経系を良好な状態に保つ作用を担う重要な治療法です。

これはナソ治療によって、迷走神経の働きが活発になって多くの経絡の気血を整えることができるからなのですが、頚部交感神経節の興奮をナソ治療は鎮静する作用があると考えています。 続きをみる>

月の満ち欠け

二十四節気では「立冬」ですね。暦の上ではこの日から立春の前日までが冬になります。
木枯らしが吹き、木々の葉が落ち、はやいところでは初雪の知らせが聞こえてきます。真冬の寒さに備えて、冬の準備を始める「こたつ開き」の時期でもあります。

10月上旬は、まだ残暑かというぐらい暑い日もありましたが、後半は急に冷え込む日が増えてきました。11月に入ってからは秋らしい日が続くように感じます。

さて、11月19日の夕方から宵にかけて、日本全国で「部分月食」が見られるそうです。
今のところ天候は良さそうなので、しっかり見えるのではないでしょうか。

関西(関東以西)では、月の出現よりも部分月食の始まりの方が早いため、月が欠けた状態で登ってきます。

最も欠けた状態になるのは18時頃で、月の直径の97.8%まで影に入る、大変深い部分月食になるとのことです。(ただし、月が欠けるといっても真っ暗になって完全に見えなくなるわけではなく、少し暗くなっていくという感じだそうです。)

月食とは少し違うかもしれませんが、東洋医学では月の満ち欠けと正気の盛衰を意識しています。

正気とは生命エネルギーのことで、新月から満月に向かう15日は正気が徐々に強くなって、満月から新月にかけては正気が徐々に衰えてゆくと考えます。

治療も正気が乏しくなっている新月あたりでは、正気を損なうようなきつい治療はNGとされています。この時期は正気を増やすような補いの治療を中心にします。 続きをみる>

癒される鍼灸院(Uさん 女性)

4年前に婦人科の病気を境に更年期症状の首、肩、背中の痛みと、30年以上続く偏頭痛に悩まされていました。今まで整骨院や頭痛外来などにも通いましたが殆ど改善されず、ネットで奥田先生を知り通い始めました。

初めての鍼灸院に緊張しましたが、すごく穏やかで優しい先生に今では癒されています。

週1回、通い始めて3ヶ月になりますが、気が付けば「あれ?最近あんまり痛くないかも」と、いつの間にか あれだけ毎日憂鬱だった痛みを不思議と感じなくなってきています。

奥田先生の鍼治療は全く痛みもなく、マッサージのように優しく心地良いだけなのに、いつの間にか体の不調を全て治してくれていて本当に不思議な治療です。

これからも宜しくお願いします。 続きをみる>

その後の経過観察

先日から書いている梅核気の患者さん〈臨床雑話(姿勢と喉:症例①&②)でご紹介しています〉は、お二人とも経過は良いです。
調子が良い日が増えてきたとのこと、治療家として嬉しく思います。

40代の女性は【天突(てんとつ)… 左右の鎖骨が交わる中央部】部分の圧迫感を訴えておられます。陰維脈を意識した治療で、自律神経系の症状は治療できると考えます。

それから前回のブログで書いていますメンタル症状の女性のお二人ですが、こちらも良い感じで経過しています。

不安神経症の方はオンラインでヨーガのレッスンを受けているので、こちらからはヨーガニードラのCDをオススメしたところ、とても気に入って実習されています。

そして、鬱でイライラ感がとても強い方は、「2回治療した時点で食欲が出てきて、今までできなかったこと・・例えば買い物などもできるようになり、気持ちが前向きになってきた」とうれしそうにおっしゃっています。

オキシトシン効果なのかアロマ効果なのか、とにかく2回の施術でこれだけ変化することには、鍼灸治療のメンタル症状に対しての可能性を強く感じますね。 続きをみる>