月別アーカイブ: 2021年7月

東洋はり医学会なみはや支部 7月支部会(自主勉強会)報告

今年の3月、約3ヶ月ぶりに開催できた支部例会でしたが、度重なる感染症対策のため4ヶ月の間があいて、7月18日に東洋はり医学会なみはや支部の例会となりました。

感染状況も考慮し、今回は通常の支部会では無く、自由参加で出入りはフリータイムの「自主勉強会」という形式をとりました。支部員のほとんどが参加し、いつもながらの和気藹々とした有意義な時間を共有できたと思います。

参加メンバーの内、今年の春に鍼灸師の免許を取得して、なみはや支部に入会された方が2名いらっしゃいます。
そのお二人とも、当院が支部との縁つなぎになった経緯もあり、私自身とてもうれしく思っています。

鍼灸師の免許を取得しても、十分にその免許を活用できていない後輩はたくさんいます。
様々な事情があるかと推察されますが、これは非常にもったいない話で、一番欲しいのは長期にわたる持続力だと考えています。

しっかりとした目標意識を持って、日々それに向けての小さな努力を積み重ねていくことが大事です。

今回入会したお二人も、将来鍼灸専門院で開業を目指しております。
また支部員で、この夏に開業されるという嬉しい報告もありました。
熱心な後輩たちがいることは、将来の展望が明るく頼もしいかぎりです。

鍼灸師免許は、独立開業が一番その真価を発揮できる方法だと、私は考えています。
臨床雑話では、そのためのモチベーションアップになるようなお話をさせていただきました。

私自身、これまでに多くの先輩からご指導ご教授いただいてきました。
支部活動を通じて、後輩の皆にそれらを受け渡すことが、先輩に対する恩返しであると肝に銘じて今後も研鑽を積んでゆきます。

  続きをみる>

古来より「ニンニク」パワー

二十四節気では大暑へ移る頃。
暑さも本格的になり、1年でもっとも暑さが厳しく感じられる時期です。

そんなときには夏バテ気味になりがちですが、土用の丑の日「鰻」を筆頭に、スタミナ料理の登場が増えてきます。

スタミナの素、代表格の「ニンニク」は【大蒜(だいさん・おおにら)】という立派な生薬です。
玉ネギ、百合根、ラッキョウなどと同じ、ユリ科の多年草で、古くから疲労回復や滋養強壮として親しまれてきた食材でもあります。

今をさかのぼること約6,000年前、古代エジプト文明を記した“パピルス”に登場するほどに歴史は古く、ピラミッド建造の労働者には毎日与えられていたようです。
古代エジプト王の墓からはニンニクの模型9個が発見され、ツタンカーメン王の墓からは乾燥したニンニク6個が見つかったとされています。ミイラの防腐剤としても活用していたのだとか。

その後は、ギリシア・ローマを経て地中海地方、さらにはヨーロッパ全土に広がり、インド、中国大陸、朝鮮半島を経由して、日本には4世紀頃に伝わってきました。

アレキサンダー大王軍やキリスト教十字軍なども、腫瘍や火傷などの治療にニンニクを常備していたのだとか。
吸血鬼ドラキュラの魔除けでも有名なように、ニンニクの強い殺菌作用は東西を問わず、食用や薬用として幅広く利用されます。

スタミナのつくパワー系の食材であり、暑い夏を乗り切る食材代表のニンニクですが、前述の薬用にもあるように、実は「鎮静作用」があるのが特徴です。

高麗人参のように、不足したものを補う系ではなく、体内にあるものを巡らせて活用できるようにすることで元気を漲らせる系の食材なのです。
漢方的な分類も、気滞(気の巡りが悪い)とお血(血の巡りが悪い)に向く食材とされています。

滞った気や血の巡りを改善することで、高ぶりを鎮めるのです。
薬膳・漢方の考え方では、心身のバランスを整えることが重要です。

とは言え、食べ過ぎには要注意です。
熱性の強い食材なので、食べ過ぎると胃に内熱をこもらせます。
虚弱な人が多食すると良くありません。

ラーメンに生のニンニクをテンコ盛りして、救急搬送された方がSNSで話題になっていました。
大量に食べずとも、その効果は十分あります。

身近でも、ひどい頭痛と嘔吐を起こした女性がいました。
私もいただいた黒ニンニクを食べて、その晩に口内炎ができてしまったことがあります。
口内炎はふだん起こさないのでびっくりしました。

胃腸の弱い人や乳幼児はもちろん、適度な量でバランスよく「強壮」と「鎮静」の作用を活用ください。 続きをみる>

夏の快眠 アイス枕の効用

梅雨明けも間もなくもうすぐ。日中気温の高い日が続いていますね。
朝晩はまだ過ごしやすいですが、これから熱帯夜、寝苦しい夜がやってきます…。

そうなると、皆さん自ずと眠りやすい環境に整えたりされると思います。
冷房の温度設定だったり、冷房が苦手な方は扇風機などの冷却装置を使用して、眠れるよう乗り切る工夫をされますよね。

そのひとつに、アイス枕(保冷枕・冷却ジェル枕・アイスノン枕など名称は様々?)を使用する方もおられるのではないでしょうか。
夜中に暑さで目が覚める方や、クーラーに弱い方、エアコン代を節約したい方に適しています。

巷では「身体に悪い」という説もあるようで、 血管が細くなり血圧が上がるため、とのこと。
確かに、冷やしている部分は血管が収縮し、周辺の筋肉にも血液が流れにくくなりますから、筋肉の動きは悪くなります。血管が細くなると血圧が上がる原因にもなります。

しかし、この説には明らかな根拠はありません。
アイス枕を使用していれば、数時間で保冷剤の効果も薄れます。血圧への影響は極めて短時間です。タオルなどで直に肌に触れないよう、正しく使用する分には全く問題ないと思います。

「頭寒足熱」が入眠しやすい条件であるのは広く知られていますね。
頭寒、頭を冷やす場所ですが、首を数分だけ → その後に頭(耳より上)を冷やして眠る のが、安眠におすすめです。

熱中症対策などクーリング時のポイントは、太い血管が通っている箇所を冷やすことです。
アイス枕でいえば、首の部位を冷やすと身体を冷却し体温が下がりやすくなります。
しかし長時間の首の冷やしは、前述のように肩こりにもなりやすく、身体に良くありません。

アイス枕は、発熱時はもちろんですが夏の安眠用だけでなく、頭脳労働の疲れも取れるという効用もあります。耳より上の頭を冷やして眠ると脳のクーリングになります。

眠れない時というのは、交感神経優位でグルグル考え事をしていたりします。大脳の温度が高い状態です。大脳の温度が高いまま就寝すれば、寝つけないのも当然です。
生理的に眠り始めの脳の温度を下げることは、良質な深い睡眠を促します。

鍼灸治療においても、刺さない鍼(ざん鍼)を使って頭部の熱を取り、お灸などで足元の冷えを取るようにしています。上下のバランスが整い、偏頭痛の改善や呼吸もしやすくなります。

  続きをみる>

刺さない鍼(接触鍼)と「気の病」

なみはや支部のFacebookページで先日投稿しています「刺さない鍼」について
もう少し患者さま視点からお伝えしてみようと思います。

鍼治療と言うと、一般的には身体に差し入れる鍼をイメージする人が大多数のようです。
実際、テレビなどで鍼治療を紹介するような場面では、そのような施術風景が映し出されます。
そこから「鍼は痛い」とか「怖い」と言うマイナスイメージを持たれることが多々あります。

鍼は身体に刺入しないと効果が出ないと考えている鍼灸師が多いように感じています。
それは患者さまも同じで【鍼=刺す】ものだと考えられる方が多いです。

しかし、刺さない鍼(接触鍼)でも大きな効果が出ます。
当院でも8割近くがこの接触鍼のみで治療をしています。

東洋医学には【気の病】と【血の病】という捉え方があります。

気の病とは主に機能的、つまり働きの不具合が生じている状態を意味します。
自律神経失調症やメンタルの不調などです。

これに対して血の病とは、形態としてハッキリと現れている症状を指します。
変形性膝関節症など肉眼的にも病変がわかるような不調です。

刺さない鍼に適した症状は【気の病】の方です。
実際の臨床では、明確に【気の病】と【血の病】と2つに分けることができる場合もありますが、混在している場合も多くあります。

【気の病】を整える治療、とりわけ皮膚表面の気を整えることを目標に施術する場合、鍼は身体に刺入する必要がありません。全く刺さないわけなので痛みはありませんし、むしろ心地よい爽快感が得られるものなのです。

この事がもっと一般的に知られるようになると、鍼治療に躊躇している方にも鍼の良さを実感していただけるのではないでしょうか。
その普及こそ、私たち鍼灸師の担うところにあるのかなと思っています。

  続きをみる>