脈診で何がわかるの?


経絡治療は脈診流鍼灸術とも言われます。

脈診とは、手首にある橈骨動脈の搏動を診察することで、経絡治療ではこの脈診を治

療の最初から治療終了までさせていただきます。

古来から医師に診てもらうことを「脈をとる」と言われてきましたが東洋医学ではこ

の脈診をとても重視しています。



脈診によって、その人のお体の状態、冷えているのか熱があるのか、体力があるのか

疲れているのか、精神的に緊張してストレスを受けているかなど、多くの情報を知る

ことができます。

またその人のもともとの体質をも知ることができます。

サラに左右の脈の状態を比較することで、経絡の気のアンバランスを知ることができ

、具体的にどのツボに治療をすれば健康状態に導くことができるか、脈診は教えてく

れるのです。