カテゴリー別アーカイブ: 院長ブログ

東洋はり医学会なみはや支部 2月支部会報告

2月25日(日)は、なみはや支部の例会でした。

-----------------------------------------------------------------------------------

午前の部、講義前の臨床雑話では、日頃の臨床において
支部員の参考になるような事柄を紹介させていただいています。
今回は2例、どちらも小学生の症例です。

1例目は、5歳の頃から続いている脱毛症の男児です。
主に腎を強化することで経絡治療をしてきました。
当初はなかなか効果がみられず、難治症と考えて試行錯誤を重ね
ほぼ一年を経過した時点から、徐々に改善の兆しが現われてきました。

今後も治療は継続していきますが、このような難治性の症状については
治療する方も、また治療を受ける側も根気強さが求められます。
あきらめること無く、経絡治療と自然治癒力を信じて
治療を続けることができて良かったと思っています。


2例目は、原因不明の胃腸障害が2年以上続いている女児です。
毎日夕方から吐き気が起こり、夜も眠れない状態が1年以上続いているとのこと。
吐き気止めの薬も頭痛などの副作用が強く、お手上げ状態でした。

そこで、吐き気止めの名穴である「裏内庭(うらないてい)」に
自宅でできるセルフケアとして施灸を指示したところ、その日から吐き気が止まり
夜も眠れるようになりました。

少しずつではありますが、食事の量も増えてきているようです。
「裏内庭」へのお灸だけでこれだけの効果が見られ
先人の知恵に感謝の気持ちを抱くばかりです。

-----------------------------------------------------------------------------------

午後からの実技では、今年度の研究テーマである「治療家の身体作り」として
エクササイズを実施しました。
昨年1年間取り組んできた姿勢作りを復習しつつ、手指や手関節の柔軟性や
可動域を広げるための運動やストレッチも適宜加えました。

合気道やノグチ体操、キクチ体操、と興味の赴くままに、いろいろとやってきましたが
ここにきてそれらがひとつに統合されていくような感覚があって、今後の展開が楽しみです。

次回支部会は、3月25日(日)です。
今後も支部会を通じて、より良い治療・より良い治療家のための
情報共有ができればと思います。 続きをみる>

三半規管・めまい

三半規管・めまい
冬季オリンピックも佳境に入りましたね。
どの選手も力を出し切り、その雄姿を見れることを、心より願っております。

フィギュアスケートを見ていて思うことは
「あんなに回転して、目は回らないの?」
という、素朴な疑問を抱いた覚えが、きっと誰にでもあるのでは・・ということ。

プロ選手の目が回らない理由は、訓練の賜物など説があるので、調べていただけたらと思いますが
“三半規管・めまい” と鍼灸院の関わり合いって、意外と多いのです。
めまいは、良く扱う症状です。

経絡治療が奏効します。肝経、あるいは腎経の経絡の調整をします。
これから春先になると、めまいの症状を発症したり、悪化させることが多くなります。
これは、春の時期、陽気がにわかに昂ぶるために起こります。
春は、肝の経絡が変動しやすい季節です。

めまいの原因は様々ですが、更年期障害・メニエール病・うつ病・自律神経失調症 等々
女性が経験していることが多いようです。
一時的なものだと、気のせいか・・とやり過ごしてしまうかもしれません。
ですが、何度か続く症状があれば、自己解決せずに相談されることをおすすめします。
未病の不調、のサインを見逃さないよう、気軽に相談できる環境をつくってくださいね。 続きをみる>

季節の変わり目です

当院 治療室の改修工事も終わりまして、今週から通常どおり開院しております。

さて、大雪のニュースが報道されていたのもつい最近ですが、昨日・今日と暖かく、過ごしやすい日が続きました。3月にかけて三寒四温。季節の変わり目ですね。

そんな時期、どうも体調を崩しやすいのは、自律神経の影響もあります。
気温が変動することで起こる、寒暖差疲労による自律神経の乱れにご注意ください。
「春眠、暁を覚えず」とはいいますが、不眠や過眠などでお困りの方は、身体をじっくり温めてみてください。
それでも不調が続く方は、一度 当院まで、お気軽にどうぞご相談を。 続きをみる>

なみはや支部 1月支部会報告

1月28日は、東洋はり医学会なみはや支部の例会でした。
今年初の支部会は、午前に総会を開き、去年の事業報告そして今年1年間の活動計画
など話し合いました。

その中で、学術振興テーマとして「治療家の身体作り」が正式決定されました。
毎回の支部会では、午前中は主に座学を、そして午後は技術の修練習得を目標に活動
をしていますが、今年はその根幹に治療家の身体作りというテーマを掲げて一年を通
して研修することになります。
昨年のテーマは、治療時の姿勢だったので、今年のテーマはその延長線上にあるとも
言えそうです。

絵を描いたり楽器を演奏したり、歌を歌ったり等の芸術活動も、突き詰めて考えると
、それらはすべて身体による表現です。
私たちの日常生活においても、そのすべてが身体を通じて行われる表現だと言えるで
しょう。

鍼灸術も指先だけの仕事では無く、身体全体の表現としてなされる治療行為です。
鍼灸師として、また気の調整を行う経絡治療家としての理想的な身体を目指して一年
間なみはや支部は取り組んで行きます。 続きをみる>

ごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。
当院は明日6日(土)から今年の診療を始めさせていただきます。

皆様の健やかな毎日をより良くサポートできるよう、今年も研鑽努力して行きます。
よろしくお願いいたします。

今日はちょうど小寒・寒の入りに当たります。
これから立春までが、一年で最も寒さが厳しい時期です。
空気も乾燥していて、インフルエンザなども流行る時期です。
東洋医学では、陰の気が最も旺盛になり相対する陽の気が弱まります。
ですから今は身体の冷えに注意して、陽の気を保つように心がけましょう。
冷たい食べ物や飲み物は控え、身体を温める食材を積極的に取りましょう。 続きをみる>

体調が良くなりました(HYさん 50代 女性)

のぼせ・めまい・不眠などの症状で、更年期に入ってからは不調が続いていました。
通院をして薬を服用していましたが全く効果がなく、仕事のストレスも重なり
症状がひどくなり悩んでいた時にネットで奥田先生の経絡治療を知りました。
直ぐに奥田先生にご連絡をして治療をしていただき、2ヶ月毎週治療を受け、症状が改善しました。
初診時には丁寧に症状を聞いていただき、安心、信頼をして治療を受けることが出来ました。
駅からも近く、仕事帰りに治療をしていただくことが出来、とても感謝しています。
続きをみる>

自主勉強会

18日(祝)
今回は、いつもの支部活動を離れ、自主勉強会を行いました。
東京から私が鍼灸の師として長年指導していただいている先生に来ていただいての、
とても贅沢な研修をすることができました。

人と人の出会いは、いつも偶然であってまた必然であるような不思議な感じがします

この出会いが無ければ、私が今まで鍼灸に携わることは無かったかもしれません。
そして今回の勉強会で、これまでに私が受け取ってきたものを後輩に幾ばくかでも伝
達できたとすれば幸せだと思います。 続きをみる>