カテゴリー別アーカイブ: お役立ち情報

秋味・秋鮭、トキシラズ、ケイジ

11月に入り、二十四節気の暦の上では立冬 (りっとう)です。
11月7日頃から立春の前日までが暦では冬。日は短くなり時雨が降るような季節ですね。
今から真冬の寒さに備えて、冬の準備を始める「こたつ開き」の時期でもあります。

「食欲の秋」「味覚の秋」と言われるぐらいですから、秋は食べるのが楽しみなシーズンですね。
霜降~立冬にかけて、この時期の旬の食材は、魚介でいえば【 鮭 】。

この時期の鮭は「秋鮭・秋味」と呼ばれ、産卵のため一斉に故郷の川へ戻ってきます。(北海道・東北地方では鮭・塩鮭の意でもよばれるようです)9~10月の旬の味として昔から親しまれ、冬の間の貴重な食料として重宝されていました。
産卵が近いので身の脂は少ないのですが卵(筋子)を腹いっぱいに抱えて遡上します。

また秋にさきがけて、夏に岩手や北海道東岸に現れるサケをナツザケ・トキシラズとよびますね。
トキシラズ(時知らず)とは、ロシアの川に遡上する予定の鮭が日本の領海内を通るときに定置網漁などで水揚げされた鮭です。5月から7月の間かけて獲られるので、“本来の秋と時をまちがえた鮭” という意味で「時知らず」と呼ばれています。
本来の漁獲時期より早く水揚げされたトキシラズはまだ若い鮭なので、とにかく脂がのっていて、秋鮭と比べて脂の量が3~4倍もあり、生で食べるとその脂から「鮭の霜降り」のような状態だそうです。

トキシラズより更に希少で貴重な鮭が「ケイジ(鮭児)」です。
鮭の児(こ)、と書くのは、まだオス・メスの判断も付けづらい子どもの鮭で、回遊中にたまたま秋鮭の漁猟と一緒に獲れるため、そうよばれます。
若い鮭で脂をしっかりと蓄えていて、通常の鮭の脂身が体の2~15%程度に対して、ケイジは20~30%脂を含んでいて、言うなれば「トロ」状態。漁獲量は普通のサケ1万匹に対して1~2匹程度と非常に少なく、こちらも幻のサケといわれて入手が困難な超高級魚です。 続きをみる>

身体を構成する「気・血・水」

ここのところ、鍼灸の基礎的な話をしておりますが、前回「六邪(ろくじゃ)」の話が出たので、それに付随する【漢方医学】を取り上げてみたいと思います。

美容業界やサプリメントなどで謳われることもあり、今では「気・血・水」という言葉は聞いたことがある、という方も少なくないかと思います。漢方医学理論において考え方の基本となる「気・血・水」は、古代中国医学の基礎の上に日本で発展させた医学理論です。

「気・血・水」は、身体を構成する要素です。人体の陰陽は常に変化していて、その「気・血・水」の陰陽バランスが崩れると病気になるとされています。

「気」とは、人が生きていくために必要なエネルギーのことです。私たちは、呼吸や食物の摂取によって、体内にエネルギー=気を取り入れて、全身を満たしています。

「血」とは、その「気」のエネルギーが実体化したもの(現代医学での血液)で、全身に栄養を運ぶ役割を果たします。

「水」とは、身体を潤す「血」以外の液体です。古代中国医学では、「津液(しんえき)」と呼ばれるものにあたり、現代医学での体液に該当します。余分な「水」は汗・尿・涙などで体外に出されます。

漢方医学では、この「気・血・水」のいずれかが不足、もしくは停滞すると、病気が現れるとされています。「気」「血」が全身を絶え間なく張り巡らされ、「水」が全身にバランスよく満たされている。この状態が健康であり、理想といえます。

陰陽バランスが崩れたときに、人が本来備えている自然治癒力を引き出し、正常な状態に戻すことを治療目的とします。そのために用いられるのが鍼灸や漢方薬です。 続きをみる>

風邪(かぜ・ふうじゃ)風邪はかからず「引く」ものである

めっきり朝晩がひんやりして、周りで「風邪をひいた」という声を聞くことが増えてきました。
そういえば、風邪を「ひく」、とは言いますが、インフルエンザや胃腸炎のように、「罹(かか)る」、とは言いませんね。

「風邪」と書いてフウジャと読む漢字熟語は、れっきとした古典中国語で、『大漢和辞典』にも出てくる言葉です。
「風邪をひく」の語源は吹く「風」と同じ語源であり、古代中国で風は大気の動きであるとともに、人の肉体に何らかの影響を与える原因としても考えられていたといいます。

中国医学では、自然の中で空気が動くことによって、体に色々な影響を与えるものと考えられ、あらゆる病気の原因になると言われていました。その原因となるのが、六邪(ろくじゃ):または六淫(ろくいん)と呼ばれる邪気(じゃき)とされていました。

気候の変化は、寒(かん)、暑(しょ)、燥(そう)、湿(しつ)、火(か):または熱(ねつ)、風(ふう)、の6種類(六気といいます)あります。
その六気の現象が強くなると、病気への原因となり、六邪へ転化します。
それぞれ、寒邪、暑邪、燥邪、湿邪、火邪(または熱邪)、風邪、と呼ばれます。

自然現象の中での寒さ、暑さ、乾燥、湿気、空気の対流で起こる風、熱波、などの温度変化が、人の呼吸や体の皮膚などに、外から体の中に引き入れられて、病気の原因になるという考え方です。
このことから、六邪は季節的な特徴があり、それが東洋医学の考え方にもなりました。

また、この六邪の邪気は、単独で身体に入って発症する場合と、複数になり一緒に作用することがあります。例にあげると、風邪と寒邪はくっつきやすいと言われ、そういった、くっつきやすい邪気の種類によって、体調を崩す原因が2つ、3つとなることもあります。

簡単に言うと、六邪という邪気は、病気の原因となるもののことを言います。吹く風が運んでくる「邪気」を体の中に引き込んでしまうと、かぜという病になる、というように考えられたのです。
なぜ、風邪は「罹る」ではなく「引く」かというと、邪気を引き入れるから、「引く」といわれるのですね。 続きをみる>

鍼の自律神経調節メカニズム

先日の NHKの東洋医学の放送回 は、一般的には良い内容でした。
鍼灸を含め、東洋医学を多くの人に知ってもらえるきっかけになったと思います。
経絡治療をやっている者としては少し物足りなさを感じましたが、またその辺りの補足についてはこのブログの中で追って書かせていただきますね。

さて、せっかくなので今回も鍼灸の基礎的な話です。
鍼灸、の「鍼」の方。鍼の自律神経調節作用のメカニズムについて書いてみたいと思います。

鍼治療は、髪の毛ほどのとても細くしなやかな鍼を用いて、ツボ(経絡)に刺激を与え、気が整うことで身体の異常を治療します。痛みなどの不快な感じはなく、とても心地の良い感覚が得られます。
治療には「補瀉(ほしゃ)」という方法があります。気は、身体のごく浅い部分を流れていますので、補瀉の鍼もごく浅い部分にすることで、気血は調整されます。

「補:ほ」とは、身体に不足しているものを補うこと
*鍼を皮膚に浅く刺す(浅鍼:あさばり)際、呼気(患者さんが息を吐く)に合わせて刺す
*経絡の流れに沿って刺す


「瀉:しゃ」とは、身体から余分なものを排出すること
*鍼を皮膚に刺す際、吸気(患者さんが息を吸う)に合わせて刺す
*経絡の流れに逆らって刺す


浅く刺す浅鍼は交感神経を抑制させ、副交感神経に働きかけます。
皮膚の浅い部分は、交感神経が優位に働いており、経絡治療によるソフトな鍼施術によって、交感神経の過緊張が収まり、心身をリラックスモードに導きます。

治療は、ほとんどの場合、交感神経の過緊張を抑制し、副交感神経の働きを高めることが大事なので、浅い鍼施術で治療効果が上がります。
また最近の皮膚科学では、脳の疲れを取り心を癒やすホルモン「オキシトシン」が、皮膚からも分泌されていると言うことが発見され、大きな注目を集めています。
皮膚に対して施術する経絡治療には、心の疲れを取り癒やす効果があります。

東洋はり医学会の経絡治療ではほとんどが、筋肉までは深く刺入せずに、補瀉を行っています。
(細かいことを書くと難しい表現になりますが)押手左手の母指〈第1指:おやゆび〉と示指〈第2指:ひとさしゆび〉で鍼を挟んでいますが、この押手の母指と示指の左右圧をかけることで「補」になり、皮膚面に圧をかける下圧で「瀉」を行っています。

呼気では副交感神経が優位に、吸気では交感神経が優位になるため、呼吸に合わせて鍼を刺す治療というのは、自律神経調節に効果的なのです。
鍼の刺激は自律神経を介して、皮膚や筋肉の血流・血圧に作用します。

補瀉での全身調整によって、生命力は強化され自然治癒力も十分に働く状態になります。
脈もゆったりとスムーズに打つようになり、精神もリラックスした状態です。
このように、古来より鍼治療は、自律神経をコントロールして、内臓機能や身体の異常を治す治療として確立したのです。 続きをみる>

秋分|「秋バテ」していませんか?

秋分の日も過ぎて、朝晩とだいぶ涼しくなってきましたね。
秋分は、春分と同様、太陽が真東から昇り、真西に沈みます。
昼と夜の長さがほぼ同じになることで、この日は秋彼岸の中日でもあります。

日中の気温差も大きくなり、それとともに身体への影響も大きくなる時季です。
「秋バテ」とも言われますが、この夏の酷暑疲れが出てきてはいませんか?

日中の暑い時間帯は半袖・薄着でも大丈夫ですが、着脱可能な羽織もの対策は必要です。
特に女性は身体を冷やさないような生活を心がけてください。
ポトフや水炊きなど、お野菜中心の鍋物で、高カロリー過ぎず身体の内から温めてくれる食生活がおすすめです。

また、1年で最も食中毒の発生が多いのは、9月・10月だそうです。
気温の高い夏に多いイメージですが、アウトドアや行楽シーズンの秋に注意が必要です。
バーベキューや運動会などの行事、観光など、屋外で食事をする機会が増えることも要因のようです。
夏の暑さ疲れで体力が落ちていることも影響するので、食材はなるべく加熱して、身体を温めるような食事が理想ですね。冬にかけてノロウイルスの発生件数も増えてきますので、しっかりと体調を整えておきましょう。

鍼灸では、人間が本来もっている自然治癒力を活用して、身体の内から調整していきます。
経絡治療で心身のメンテナンスをしていると、自律神経が良いバランスで保たれるので、快適に過ごせるようになります。 なんとなく調子が悪いなぁと思いながらお過ごしの方は、できるだけ身体を温めて、不調がひどい場合は一度ご相談ください。 続きをみる>

テレビ NHK総合「東洋医学 ホントのチカラ〜科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~」

9月24日(月) 19時30分より(※21時より第2部放送予定、2部構成のようです。)
テレビ NHK総合で東洋医学 ホントのチカラ〜科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~が、放送されます。どのような内容か、非常に興味深いです。

そもそも、鍼灸など東洋医学の治療方法は、人が持っている“自然治癒力“を活用して身体の内から整えていく療法です。西洋医学に多く取り入れられている科学的な面(データ等)で実証されるというのは楽しみですね。なので今回は、東洋医学の考え方について書いてみたいと思います。

中国で生まれた東洋医学の考え方は、「陰陽五行(いんようごぎょう)」が基本です。
「陰陽」とは、この世の全てが「陰」「陽」に大きく分けられること。
「五行」とは、自然界の全ては「木」「火」「土」「金」「水」という5つの要素で構成されることです。
人間の身体もこの「陰陽五行」に当てはめられています。

五臓のうち、「肝」=木、「心」=火、「脾」=土、「肺」=金、「腎」=水、となります。
『五臓六腑に染み渡る』とは言われますが、五臓を助ける「腑」というものもあり、それぞれ「胆」→ 肝・「小腸」→ 心・「胃」→ 脾・「大腸」→ 肺・「膀胱」→ 腎、となります。

全身にくまなく張り巡らされている、体中を網の目に走る「経絡」には、「気」とよばれる心身の活動源となるエネルギーが流れています。
「気」は、「血」「水」をコントロールする働きがあります。
「血」は、血液とほぼ同じように体中に酸素や栄養、ホルモンなどを運ぶ働きをしています。
「水」は、血液以外の体液のことをいい、津液(しんえき)ともよばれます。

「気・血・水」は、人体を構成する全ての要素を含み、身体が生理的な活動を行うための基礎といえます。そのため東洋医学では、この「気・血・水」はバランスよくスムーズに流れている状態を健康とし、異常があったり滞っている状態を未病・病気と考えます。

経絡上の要所要所に点在するのが「経穴」一般的には「ツボ」、とよばれるものです。
その数360弱。身体に異常があると弱った臓腑を反映する「ツボ」に反応が現れます。
東洋医学の経絡治療は、反応が現れている経穴を刺激することで、気の流れを改善し、低下している機能を回復させるものなのです。

と、書きたいことは山ほどありますが、この辺にしておきまして・・
ちょっと予備知識を得たところで、24日の放送をご覧いただいてはと思います。 続きをみる>

台風、「気象病」と自律神経

昨今、ゲリラ豪雨や大雨など異常気象が多いですが、夏台風も増えてきましたね。
今週もまた台風が接近しているようで、自然災害・気象情報には気が抜けない今日この頃です。

ところで、台風が近づくと、めまいや頭痛、関節痛、手足のしびれなどを発症したり、症状が悪化することはありませんか?
その不調は「天気痛」や「気象病」などといわれ、近年認知されつつあります。
天気と人間の健康には密接な関係がある、と昔から言われていますが、気象の変化と病気が関係していることを証明した研究も数多く発表されております。なかには「気象病外来」を設けている病院もあるそうです。

症状は様々で、「天気が悪いと古傷がうずく」といった天気痛のほか、メニエール病、喘息、めまい症、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、吐き気など。
心臓発作や脳卒中のきっかけになり生命にかかわる場合もあります。

気象の変化が影響する病気には、
《気象の変化が直接、身体に影響して病気になったり、持病が悪化したりすもの》と
《気象の変化によって、病気の原因となる細菌やウイルスが増加して、病気になるもの》
があります。
前者を「気象病」、後者は特定の季節に起きやすいインフルエンザや花粉症などの「季節病」とよび分けます。

気象病は、気温の低下や寒冷前線の通過、低気圧の接近による気圧の急激な低下、など短時間での様々な気象の変化によって起きます。
人体そのものが、気圧の変化により膨張・収縮しており、肺や血管なども影響を受けます。これらはストレスとして自律神経に作用し、気象病を招くのです。 気圧の低下に自律神経は大きく影響を受けており、近年そのメカニズムが分かってきました。

私たちは気圧の変化を、耳の奥にある内耳で感じています。気圧が下がると内耳にある前庭神経が興奮します。この神経の興奮が脳の視床下部に伝わって自律神経の交感神経を緊張させ、自律神経のバランスを崩し、様々な自立神経失調症状を引き起こします。

鍼灸治療では、主に耳に関係の深い「腎」の経絡と、交感神経緊張に関係のある「肝」の経絡を中心に調整し、それと同時に内耳のリンパの流れを改善する目的で、頚肩部と耳周囲の緊張を緩めるように治療します。
このような治療を続けることによって、自律神経の整った、気象の変化そして季節の移り変わりに影響されにくい身体作りが可能です。 続きをみる>

立秋の候

お盆を迎え、季節の上では秋の始まりですね。「立秋」です。

暑い日が続きますが、お盆明けには秋の気配が少しずつ感じられ、季節の挨拶も「暑中見舞い」から「残暑見舞い」になります。
大阪市内ではなかなか声を聞けませんが、ヒグラシが鳴いていると夏の終わりを感じますよね。

この候の旬の花といえば、向日葵(ヒマワリ)です。
中国で「太陽花」、英語では「Sunflower」と呼ばれ、どこの地域でも”太陽の花” として親しまれています。ロシア(寒冷地のイメージで意外に感じたのですが)は最大の生産国で、国の花とされているそうです。

そのヒマワリ “太陽“ に漢字が似ている(?)「大腸」。東洋医学で秋は、「大腸」の季節です。
五臓六腑でいうと秋は「肺」と「大腸」の季節ですね。

秋の季節の特徴に、咽喉や気管支・扁桃腺、便秘、肌や粘膜の乾燥が挙げられます。秋は乾燥の季節であり、ケアをおろそかにすると肌荒れや便秘、喉のトラブルへと発展してしまいます。

夏はついサンダルや短丈など脚を出しがちですが、体の深部の冷えには足湯などで温めていくこと。また、冷たい飲み物・食べ物を温める根菜や常温のお飲物に替えてみてください。
この時期の旬でいうと、桃はオススメです。フルーツは身体を冷やすものが多いですが、桃は身体を温めるフルーツのひとつです。効果としては、気を補ったり血をめぐらせたりしてくれます。

夏の汗で失われた気を補い、また瑞々しい果実から水分補給にも最適ですね。
ぜひ旬の美味しい時期に取り入れてみてください。 続きをみる>

夏の「汗」にみる体調のバロメーター(後編)

前回:夏の「汗」にみる体調のバロメーター(前編)に引き続き、「汗」と体調について書いてみますね。

汗がたくさん出ると、恥ずかしいという以外に、もうひとつ気になることがあります。

それは、汗による「臭い」です。
汗の原料は血液です。汗腺は血液の血球を除いた血しょうをくみ取って汗として排出します。
汗から塩分やミネラルなど体に必要な成分が排出されすぎないよう、汗腺は、汗が臭くなる成分を体で再利用されるようにするか、尿で外に出すように処理しています。
それが、急に汗腺の仕事量が増えると手が回らず、汗が臭くなる成分が汗と一緒に出てしまうのです。

汗腺の濾過(ろか)機能がしっかり働いていれば、残りはほぼ水分で、サラサラとした「良い汗」が出ます。汗は時間がたつと、皮膚の雑菌などによってニオイが発生しますが、かきたての「良い汗」は無臭です。

「良い汗」「悪い汗」については、健康番組などでも取り上げられておりますので、特徴をまとめてみましょう。

「良い汗」
・小粒でサラサラ
・限りなく水に近く、汗をかいてもスッキリ爽快
・皮膚の表面から蒸発しやすく、効率的に体温調節できる

「悪い汗」
・大粒でベタベタ
・汗腺の機能がうまく働いていない、血しょうの成分が残ったままの濃い状態
・水分が蒸発しにくく、体温も下げにくいことから、熱中症の原因にもなる
・大量に発汗するとぐったり疲れる
・含まれる成分に雑菌などが繁殖しやすくなることから、かいた直後からニオイが発生する

1日1回体を動かして、汗をきちんと出す事が重要です。
加えて、年齢によるものや食べ物、血行不良、睡眠不足からくる自律神経の乱れなどが原因になることもあります。

また、「悪い汗」は、おなかにも悪い影響を及ぼします。
「悪い汗」で体温を一定に保つには、大量に汗をかかなければなりません。そのため、体内の水分量が必要以上に失われてしまい、脱水症状をおこしやすくなります。結果、腸内の水分が少なくなり、お通じが滞ってしまう可能性があるのです。

さらに、お通じが滞り、腸内環境が乱れると、ニオイの元となる物質が腸の中にたまりがちになります。それらが腸から身体へと再吸収され、血液中をめぐり、汗とともに排出されることで、汗のニオイが強くなってしまうこともあるのだそう。

「悪い汗」をかいているときは、自律神経の中でも交感神経が優位になっています。すると、副交感神経への切り替えがうまくいかず、副交感神経が司っている腸のぜん動運動も滞ってしまうのです。エアコンのきいている部屋から炎天下に出た時や緊張している時などに、汗をかくとともにおなかの調子が悪くなるのは、そのためです。

東洋医学からみると、体から出る分泌液には、臓器不調のサインが隠れている場合があります。

「心」と「汗」は深い関係があります。
「心」が不調だと、ことあるごとに顔や体全体に「汗」をかきやすいとされています。
「汗」は、「心」の不調の他にも次のような体のサインを示すことがあります。

《起きている時に汗を大量にかく場合》
→「気(エネルギー)」の不足

《寝ている時に汗をかく場合》
→ 体の中の水分の不足

※通常の動きや運動によってかく汗は正常です。

外の寒暖の差に関係なくかいたり、昼間少し動いただけでだくだくと流れるようにかく汗は「自汗(じかん)」
寝ている間にかいて目が覚めると止まる汗は「盗汗(とうかん)」と言います。

頭部にだけかく汗は、熱が上にあがってしまっている時にかきます。

手足にかく汗は、体にとって必要な潤いが不足しているタイプに見られる汗です。夜に汗をかいたり、午後あたりから微熱が出ることもあります。

汗をかくことによる体感の気持ち悪さは、こまめに拭き取る、着替えるなどして調節し、夏はしっかり汗をかく!これが自然であり、大切なことなのです。

東洋医学では、次の季節の体調は、その前の季節をどう過ごすか、によると考えます。 続きをみる>

夏の「汗」にみる体調のバロメーター(前編)

猛暑猛暑と、本格的に厳しい暑さが続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今年の異常な暑さには、十分な注意が必要ですね。テレビでは熱中症によるニュースを連日見かけます。


日本の夏は、高温多湿。蒸し暑いですね。
汗をかいてベトベトして、気持ち悪く感じることもあります。汗で服がびっしょりになるのを避けるのは、身だしなみのひとつかもしれませんが、夏は汗をかいて当たり前。
汗をかくのは「脳を熱から守る」ため、汗をかくことは大切なのです。
今回は、夏の「汗」について書いてみたいと思います。

汗の一番の役割は、蒸発する時の気化熱によって体温上昇を防いで、体温を一定に保つこと。
体温調節をするのは、体内の細胞や器官、特に、脳を熱から守るためです。脳は熱に弱いので、暑さを感じると体に汗をかかせて体温調節をして熱くなりすぎないように守ります。
人間は脳が発達したからこそ、他の動物よりも汗をかくための機能、汗腺も発達したのです。

汗腺は皮膚にあり、汗をつくる場所です。日本人の汗腺は約230万あると言われています。
しかし、全ての汗腺が毎日働いているのではありません。稼働している汗腺もあれば、お休みしている汗腺もあるのです。バリバリ働いて汗を出している能動汗腺の働きが適切ではないときに、汗が多く出てしまいます。


なぜ能動汗腺がうまく働かなくなってしまうのでしょうか?
いつも快適な温度で過ごしていると、汗腺は汗をかく仕事をしなくてもよくなります。やがて、体が「別に汗腺が頑張って仕事をしなくても体温調節ができる」と判断すると、働く汗腺の数が減っていきます。
そして、急に暑い外に出ても、汗腺はうまく対応できなくなるのです。

しかし、汗をかかないと体温が上がりすぎて危険なので、汗腺はとにかく汗を出そうとします。
適切な汗の量まで考えられませんので、大量の汗が出てしまうわけです。

これを解決するには、能動汗腺の機能を高め、数を増やすことが必要です。
つまり、汗をかく機会をつくることが必要なのです。
ちょっと長くなりそうなので、今回はこのぐらいで。続きは後編で書かせていただきます。 続きをみる>