カテゴリー別アーカイブ: お役立ち情報

「體」

體。

夏の風物詩、 鱧(はも)ではありませんよ。
さて、なんと読むのでしょう??

正解は「からだ」

旧字体の体、という漢字です。
体(簡体字, 新字体)
軆, 躰, 骵(俗字)
豊(きちんとならべる)& 骨、から成り立つ会意文字です。

「からだ」という漢字には「体」以外に「身体」「躯」「躰」「軆」があります。
「体」は常用漢字ですが、それ以外は常用漢字表に掲げられていない表外字のため、通常は「体」を使うことになります。

この中で、「躯」は常用漢字でないとはいえ「体躯」「躯体」などのような二語熟語で使うことが多いのですが、これは、他の漢字に比べると「からだつき」「骨組み」の意味が強くなっています。また、「躰」は「体」と同じ意味です。

漢字は基本的に常用漢字を使うのが決まりなので、新聞や雑誌など通常の印刷物においては「体」を使うのが一般的で、通常はこれらの漢字について、特に使い分けを考えずに「体」を使っています。

ただ、常用漢字の決まりというのは絶対的ではなく、使う人の判断に委ねられており、何かを強調したい場合は次のような使い分けが行われています。

 →
人間や動物などの生物だけでなく様々な物体の「からだ」を意味します。
物理的な意味合いが強く、現実的な「からだ」の存在がある場合に使います。

身体
人間や動物に限定された「からだ」を意味します。
現実的な存在でなく医学的、栄養学的な表現で、からだの部位や臓器等を具体的に指す場合
に使ったり、「身体がいくつあっても足りない」等のような抽象的な使い方をします。

身体(しんたい)は、生物学的かつ文化的に規定された、有機体としての人間や動物の構造を指します。小説等で使われる際にルビ付きで「からだ」という読み方をする場合もありますが、これは正式な読み方でなく俗的な「当て読み」です。

常用漢字では「しんたい」と読むそうです。
そして「身体」は、公的な文章や改まって丁寧に言う場面で使われることが多いそうです。

躰は「体」と同じ意味だそうです。常用漢字ではないので、通常は「体」を使うことになるそうです。古語ではよく使われるようで、名詞として姿や様子、ありさまを表す言葉として使われたり、接尾語として意味を表したりするそうです。

体  → 親しい人にざっくばらんな話をする場面
身体 → 公的な文章や、改まって丁寧に言う場面
躰  →「体」と同じだけど、少し古風な表現

しかし、どう省略していけば「體」が「体」になるのでしょうか。
おそらくその過程には「軆」「躰」という字体が介在していたのではないかと思われます。
「骨」も「身」も同じようなものですから、省略という意識ではなかったのかもしれません。

「からだ」と言えば「身」の「本(もと)」ですから、画数が少ないだけではなく、意味的にもうまい省略です。「躰」まで来てしまえば、「体」まではそんなに遠い距離ではありません。

つまり、「からだ」というのは「人」の「本体」だというわけです。

  続きをみる>

自律神経とアレルギー

今日は七夕ですね。梅雨の中休みの天気、彦星と織姫が逢えるといいですね。

前回、シミの発生や悪化は自律神経失調が関係している、とお伝えしました。
今回は、その延長線の話をしたいと思います。

自律神経失調状態の症状としては、次のようなものがあります。

・精神症状の異常(不安・集中力の低下・意欲の低下・イライラ・気が滅入る・怒りっぽい…等)
・筋肉や関節の痛み(肩コリ・首コリ・関節のだるさ・手足のしびれ・全身の緊張感)
・消化不良(食欲低下・胃痛・吐き気・喉がつかえる感じ・膨満感・便秘・下痢・ガスが多い)
・血流の異常(動機・胸痛・めまい・立ちくらみ・冷え・のぼせ・偏頭痛・フワフワする)
・呼吸の異常(息が苦しい・息が詰まる・息が吸いにくい・息が浅い)
・睡眠障害(眠れない・寝つけない・眠りが浅い・朝起きるのがつらい・常に眠い)

全身の症状としては、疲れやすい・倦怠感・微熱・冷え(もしくは火照り)、など。

現代の私たちが暮らす環境では、交感神経と副交感神経のバランスが取りにくい生活パターンが多いです。昔に比べて現代人のアレルギーが増えたのは、副交感神経優位によるリンパ球の増大が関係しています。

また、子どもたちにおいても、ゲームやスマートフォン、カラオケなどの娯楽施設の普及が進み、外で遊ぶ機会が減少しています。

運動不足や、適度な紫外線を浴びて体を刺激することがないので色白で交感神経が活性化されず、副交感神経優位状態を持続します。
リンパ球が増大し、過敏体質になり、アレルギーが発症する、というメカニズムです。

当院に来られる患者さまの多くは〈交感神経優位〉の状態ですが、アレルギー症状は〈副交感神経優位〉の状態で発症します。
いずれにしても、経絡治療で〈交感神経〉と〈副交感神経〉をバランスのとれた状態に整えてあげることが大事です。 続きをみる>

シミ・肝斑(かんぱん)について

暑さに蒸し暑さが加わってきました。やっと関西も梅雨入りですね。

さて、こう暑いと気になる(女性は特に気にされますよね)のが紫外線。
最近では男性用の日傘も売れているとかで、異状なまでの紫外線量と、見た目を気に掛ける男性が増えたことが、背景にあることと思います。

シミの一種、肝斑(かんぱん)ですが、ここ何年かで随分と聞き慣れた言葉になってきましたね。

肝斑:顔面に生ずる褐色の色素斑。
30歳以上の女性に圧倒的に多く、先行する炎症症状を伴わないシミを指します。
男性にも出来るもので、疲れると目や口の周りが濃くなりやすい。肝臓の表面の色に似ているところから、「肝斑」と呼ばれるようになったとか。

外傷性の肝斑は、日焼けによるお手入れ不足や、ステロイド剤・ニキビ跡などの要因です。
内因性の肝斑は、性ホルモンのバランスや、肝臓および副腎皮質の機能低下により、脳下垂体が刺激されることでメラニンの生産が多くなり発生すると考えられています。

シミの発生や悪化は、自律神経失調が関係しています。
環境的な精神的ストレスが続いたり、自律神経失調状態が続く場合、メラノサイト刺激ホルモンの分泌を促進させ、シミを濃くさせるのです。

経絡治療によって自律神経の乱れが整い、全身の血流が改善されてくると、肌の状態も良くなってゆきます。

先日も、当院に来られて1ヶ月ほどの患者様から「踵部分の肌のガサガサが無くなってきている」という、うれしいお話を聴かせていただきました。
踵の部分に直接の鍼灸治療はしていませんが、全身の皮膚の代謝が良くなってくると、このような事が起こります。

もちろん、シミのできている部分にも施術はしますが、経絡治療では肌に触れるだけの軽微な治療で効果が期待できるので、一般に行われている美容鍼のように、内出血や顔の充血のような心配はありません。 続きをみる>

6月の過ごし方

6月ですね。雨の日も増えてきて、今週末からこのまま梅雨入りするかどうか・・
そんな空模様ですね。

私の趣味のひとつである落語、上方落語の定席:天満天神繁昌亭 が、6月の間は休館だそうです。空調設備入れ替え工事や館内を一部改装、7月1日(月)リニューアルオープンする予定とのこと。
新しい繁昌亭、聴きに行きたいですねぇ。笑いで梅雨のジメジメも吹き飛ばすなんてオツですね。

二十四節季では、小満~芒種の候。旧暦の15日頃は潮の干満の差が大きく「大潮」と呼ばれます。潮干狩には最適なシーズンですね。この時期は多くの貝が見つかりやすいとされています。
海開きにはまだ早いですから、熊手とバケツを持って海へ出かけるのも良さそうですね。熱中症の対策は忘れずに。

これからの時期は湿度が上がり、体調が良くない人が増えます。
身体が重だるい・手足のむくみ・頭重感・食欲不振など、東洋医学では「湿邪」といいますが、梅雨の時期に起こりやすい症状です。

湿邪に対してはお灸の治療が効果的です。 主に胃腸に関わるツボに温灸をします。おへそを温灸で温めるのも良いです。 続きをみる>

汗が出にくいと熱中症になりやすい

雨でむしむししますね。
今年の夏が思いやられます。

この週末は夏日、夏日。
5月なのに、ニュースでも熱中症の話題が出てくることが増えました。
近年の傾向ですが、急に気候が変わります。

今年の夏もかなり暑くなりそうですね。
暑くなり出した今頃は、身体の暑さに対する体温調整機能がしっかり働いていない状態なので
熱中症に注意が必要です。

まだ身体が熱さに対して準備不足で、体温が上がって身体に熱がたまったり、汗が出にくかったりと体温調整がスムーズにいっていないことから身体の不調を訴える方が多くなります。

水分を十分にとる・汗をかくようにする(運動や入浴など)・良い眠り・無理をしない。
特に「汗をかく」準備を整えるように心がけるのが大事です。
暑いからとシャワーで済まさず、湯船に浸かるか、足湯だけでも取り入れましょう。
体調の変化には気をつけましょう。

東洋医学は、もともと素朴な自然観察から生まれてきた医学です。
陰陽の考え方は日向と日陰、夏と冬、火と水、の関係性から引き出されてきた体系です。
春夏秋冬の四季も、大きく陰と陽に分けられます。
東洋医学が生まれた中国とは違い、日本では梅雨のシーズンが一つ加わることになり、これからの時期の湿気と高温に対する養生が必要です。 続きをみる>

立夏、夏の始まりです

大型連休もあけて、平常どおりの街の様子に戻りましたね。

二十四節気の暦の上では立夏(りっか)、夏の始まりです。
一年のうちで最も過ごしやすい時期とされますが、ここのところ、日によって気温差を感じます。

連休中は夏日のような気候の日もありましたが、ここのところは朝方が冷え込みます。
かと思えば日中は半袖でいれそうな気温で、冷房をいれている施設やお店もあるようで・・

「昼夜の気温差が大きい」、または夏の出先で感じるような「外は暑すぎて、中は寒すぎる」(冬はこの逆ですね)、このようなときに身体の調子を崩しやすいものです。
短時間の急激な環境の変化は、身体に不調や病を呼び込んでしまいます。
ちょうど良い環境・状態というのは案外難しいのですね。

お風呂に浸かるのが理想ですが、どうしてもシャワーで済ませたい方は「足湯」をオススメします。気というものは上がり易いので、昼間、頭の方に上がってしまった「気」を、足を温める事で下に下げてあげます。夏場の寝苦しさや不定愁訴による不眠を少し和らげてくれます。

キュウリ、トマト、スイカ、ナス、ゴーヤ、などの夏野菜は、カラダに溜まった「熱」を取ってくれる、南の地方からきた産物です。
昔のような外の暑さで冷房はつけずに汗をかいて過ごす・・そんな状態であれば、サッパリした夏野菜は最適なのですが、現在の私たちは、《外の熱気》と《部屋の空調による冷気》の間を行き来し、身体は混乱してしまいます。長く冷気にさらされる人は、夏野菜は控えた方が良いです。

反対に温めてあげましょう。できるだけ身体の内側、食べ物からです。
元々北の地方が産物の根菜類や豆類、生姜、ネギ、ニンニクなどがよさそうです。

これからだんだん気温が上がっていきますが、身体はまだまだ暑さには対応できない状態です。
今頃から、少しずつ身体を動かして、スムーズに汗をかくことができる状態にしてゆくことが大事だと思います。

  続きをみる>

(花粉症・アトピー・ぜんそくなど)アレルギー体質の人は、副交感神経が優位

スギ花粉が下火になってきたかと思えば、次はヒノキ。
黄砂も飛び、風も強いこの時期、花粉症の人には辛い季節ですね。

花粉症やアトピー、ぜんそくなどのアレルギー体質の人は、副交感神経が優位の状態がベースにあります。自律神経の偏りによって起こる病気は多く、自律神経の働きは免疫機能を担う白血球とも深い関係があることがわかっています。

白血球は、顆粒球(血液中の割合:6割)・リンパ球(3割)・マクロファージ(1割未満)の3つに大きく分けることができます。

・顆粒球 / 細菌の侵入を防ぐ
・リンパ球 / ウイルスなどの抗原を、アレルギー反応によって処理する
・マクロファージ / 体内に侵入した細菌などの異物を捕食して消化、掃除する

顆粒球は《交感神経優位》の状態で増えます。
一方、リンパ球は《副交感神経優位》の状態で増えます。

交感神経と副交感神経のバランスが成り立っていれば、血中の顆粒球とリンパ球は一定の割合に保たれます。
アレルギー体質の人は副交感神経が優位の状態、すなわちリンパ球が多い状態です。リンパ球が増えすぎると、花粉やダニの死骸などの害のない異物にまで過敏に反応して、アレルギー反応が出るわけです。

自律神経のアンバランスな状態は、そのまま白血球に影響し、リンパ球と顆粒球のバランスを崩してしまい、結果として免疫力を低下させてしまうのです。
がん疾患、成人病、アレルギー疾患、鬱病なども例外ではありません。

脈診流鍼灸術は、自律神経に働きかけます。経絡調整によって、私ども鍼灸師は身体の脈を良い状態に変化させることができます。この変化を確認できるということは、全身の至るところの毛細血管までも良い状態になったことを意味します。
この脈の状態こそが、自律神経のバランスがとれている状態です。自律神経のバランスが改善してゆけば、白血球のバランスも是正され、免疫力が強化されることになります。 続きをみる>

「新年度」の春ですね

4月に入り、新元号の発表、桜の開花と、すっかり「新年度」の春ですね。
とはいえこの数日は冬が戻ってきたかのような冷え込み。近年の気候の変化は、なんとも急な変わり様をします。

この春先の寒暖差の変化は、要注意の時期です。
私たちの身体は、急な変化になかなかついてゆくのが大変なのです。

東洋医学では、春の季節は「肝木の気が旺盛になる季節」と言われます。
この肝木は、身体の気を上に上げるように働きます。草木が春になって枝葉を伸ばすように、私たちの身体の陽気も、上へ上へと登りやすくなっています。

穏やかな春の日のように、陽気もゆったり上昇してくれれば良いのですが、急激な陽気の上昇は気が上がりすぎて血圧が高くなったり、のぼせ・ふらつき・めまいなどの症状を起こしやすく、精神的にも不安定になります。
また肝木は筋肉との関わりが大きいため、ギックリ腰などを起こしやすくなります。

新生活の緊張も相まって、肩こりの症状で来院される方も多いです。
一言で肩のこりと言っても、頚が中心でこる場合、肩の上の部分、背中 肩胛骨の周りが辛い、肩から腕にかけてこるなど千差万別です。
肩こりとともに頭痛や目の疲れ、食欲不振や吐き気、のぼせ、めまいなどの症状が合わさっている場合も多くみられます。

この時期、肝木の気におとなしくしてもらうように養生する必要があります。
足の冷えやすい人は、足先を暖めることも、一つの方法です。
この時期は、暖かくなっても下半身、特に 足首から下は冷えないよう に気を付けましょう。

経絡治療では、根本原因である経絡の気血のアンバランスを整えることによって、症状を起こす身体の仕組みから治療してゆきます。 続きをみる>

温灸ケアのおすすめ

当院では、鍼と温灸を使用することによって、より速やかに血の巡りを良くし、冷えを伴う自律神経症状の改善を促しています。

温灸は、以前東洋はり医学会で使われていた田中式温灸器を独自に改良した補陽灸と名付けて(温灸を用いて陽気を補います)活用しています。
練りモグサを熱原として、とても穏やかで心地よい熱感を与えることのできる温灸です。

温灸は熱くない、ほんわり温かい心地の良いものです。
冷えの状態や背中の皮膚の緩みと緊張をみてその状態に合わせた灸熱を与えることで、背中全体の状態を平均化して自律神経を整えてゆきます。

身体全体の陽気を増やす目的で温灸を用いる事が多いです。
背部の背骨の間にある陽気を補うツボ、足裏の湧泉(ゆうせん)穴などに適宜温灸を施して、身体全体の陽気を増やします。特に外踝の下の申脈(しんみゃく)穴や、腰の命門(めいもん)穴などを、ごく軽く温灸で温めておくと、腎を温めることで強化できます。

お臍のまわりは、太陽神経叢といわれ、自律神経が集中しており、穏やかなもぐさの熱によって自律神経に刺激を与え、身体と心のバランスを調整するのに、大いに効果が期待できます。

セルフケアの範囲では、湯たんぽを使って自宅でも簡単な温灸の代用ケアができますよ。
職場や外出先などでは、ホット用のペットボトル、カイロもお手軽ですね。

ぜひ、むくみや胃腸のトラブルなど、冷えからくる不調を感じたときに取り入れてくみてださい。日本人は体質的に胃腸が弱くてむくみやすく、上半身には熱がこもりがちな一方、下半身に冷えが生じやすいです。

温灸は、じんわり温まって心も安定し、夜の寝つきにも最適です。
むくみがとれるので、頬がリフトアップしたり、目の下のクマやほうれい線が薄くなったり、血色や顔色が明るくなったりと、美容にも効果的ですよ。 続きをみる>

不眠に悩む現代人

二十四節気では啓蟄(けいちつ) 土中で冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃です。
「春眠、暁を覚えず」といいますが、不眠で悩む現代人は20%、いまや 5人に1人が慢性的な不眠の状態だそうです。(一般社団法人 日本生活習慣予防協会:統計)

時事通信が最近に行った調査では、日本人の約半数に不眠症の疑いがあり、7割の人が睡眠に不満を感じているといいます。それだけ睡眠に満足していない人が多いということです。

主な睡眠障害としては
■ 寝つけない(入眠困難)
■ 睡眠を維持できない(中途覚醒)
■ 思っていたよりも早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)
■ 慢性的に回復感のない、質の良くない睡眠が続く(熟眠障害)

どのようにしたら深く眠れるようになるでしょうか?
たいていの不眠症対策の情報は、やたらとストレスが主な原因として、【副交感神経】を高める必要性を重視しがちです。

不安やストレスを出来るだけ解消する、深呼吸する、ぬるめのお風呂に浸かってリラックスする、緊張をほぐすストレッチ・・・ しかし、これだけでは深く眠れるようになりません。

「眠る」のは「起きる」のと連動しています。
気持ちよく眠りにつけたとしても、目覚めがよくなければ、満足な睡眠 =快眠 とはいえません。
副交感神経だけに限らず、交感神経の働きが悪くなっても、眠りの質が低下するということです。

不眠の方の自律神経の状態をみると、交感神経の働きも悪くなっていることが多いのです。
基本的な考え方としては、交感神経・副交感神経の「両方」の働きを高めることが必要です。 続きをみる>