カテゴリー別アーカイブ: お役立ち情報

新茶の季節です

5月の連休も明けましたが、感染症対策で今年はちっとも大型連休を過ごしたような気がしない…
という方も少なくはないのではないでしょうか。

ところで連休明けで出回るのが、夏も近づく八十八夜~♪ 新茶、であります。
文部省唱歌『茶摘み』がきっかけで、八十八夜といえば茶摘みというイメージが定着しました。

「八十八夜」とは、立春から数えて 88日目に当たる夜のことです。(毎年だいたい5月2日頃)
今年は5月1日にあたります。八十八を組み合わせると「米」という字にもなり、農家では田植えや茶摘みが始まります。

八十八夜に摘んだ茶葉は、長寿の薬ともいわれたそうです。
昔から八十八夜に摘まれた新茶を飲むと長生きするといわれていますが、実際、新茶は成分的にも優れているので、理にかなっていますね。

お茶どころ、静岡県では「緑茶うがい」が推奨されているようですが、健康長寿ランキングが上位の県でもありますね。緑茶を日常的に飲んでいることがインフルエンザ予防やがん抑制、健康寿命に一役かっているのではないかと、「緑茶と健康」についての文献・研究が盛んです。
【茶研究 最前線~県立大から~】
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/guide/public-relations/media-mention/tea-research/

お茶の葉は、摘んでも再び新しい芽が出ますので1年の間に数回の茶摘みが行われます。

「新茶」「一番茶」と呼ばれるのは、4月中旬~5月中旬の八十八夜の頃に摘まれたものです。
「二番茶」は6月中旬~7月中旬頃。
「三番茶」は7月上旬~8月上旬頃。
9月以降に摘まれたものは「四番茶」「秋冬番茶」と呼ばれます。
※南北に細長い日本列島では地域や、また茶の種類によって、茶摘みが行われる時期や回数は違います。

新茶は、その後に摘まれる二番茶・三番茶・四番茶に比べて、カテキンやカフェインが少ないため苦みや渋みが弱く、旨みや甘みの成分であるアミノ酸(テアニン)が多く含まれています。

テアニンには、脳をリラックスさせたり、集中力を高めたりする効能があるそうですが、一定の時間 太陽にあたるとカテキンに変質してしまうので、日光にあたる時間が短い新茶のほうがテアニンの含有量が多くなります。つまり、新茶は、通年のお茶より香りと味が良いばかりでなく、成分的にも優れているのです。

新茶には、新茶ならではのさわやかさと高い香りがあります。ペットボトルのお茶もお手頃ではありますが、新茶のおいしいこの時期、ぜひ急須で淹れて味わってみてはいかがでしょうか。

茶葉を少し多めにするのがおいしく淹れるコツです。
抽出時間も普通の煎茶などに比べて、約60秒以内と短い抽出時間で淹れます。抽出時間を長くすると、渋みの成分が出すぎて、新茶の風味を損ねてしまうそうです。

また、お茶を飲んだ後のお茶殻には消臭・殺菌作用があるといわれます。乾燥させてお茶のパックなどに詰め、冷蔵庫や靴箱に入れて消臭剤としても活用できます。 続きをみる>

「脳の疲れ」を回復する、4つの栄養素

緊急事態宣言の延長。
外出自粛による非日常生活も続き、コロナ疲れが出てきている時期だといわれています。

「不安で気分が沈むし、疲れがとれなくて目覚めが悪い、なんだか体がだるい・・・」

押し寄せてくる心身の「疲労」。実はそのほとんどは「脳の疲れ」が原因であります。
脳の疲れ、つまりは「自律神経の疲れ」です。

自律神経は脳の中枢で、呼吸・心拍・体温調節・血流などを司る、いわば「体の司令塔」です。
自律神経が乱れる原因として、まず考えられるのはストレスです。

ストレスで自律神経が過活動になると、脳細胞が大量の酸素を消費し、細胞を酸化させる脳のサビ「活性酸素」を排出します。
この活性酸素で細胞機能が落ちると、危険信号として自律神経が全身に「警報」を発動します。

その警報は、気分が沈む、集中力が下がる、などといった心の不調として現れます。
自粛による不安感や生活リズムの異常などの精神的ストレスなどに加えて、栄養の偏りなど化学的ストレスもあると、うつ・自律神経失調症になる可能性があります。

心と身体、両方の症状を見逃さず、休息を取ることがまずは大切です。そして、栄養の過不足も原因の一つとして、気をつけなければならないものです。

その際、疲労回復効果の高い食事を摂れば、効率よくリカバリーできます。
なかでもおすすめは、疲労回復力を高める4つの栄養素です。





  1. 活性酸素除去に欠かせない「イミダペプチド」
    ヒスチジンとβ-アラニンという2つのアミノ酸からなるイミダペプチドは、活性酸素を除去する効果が大。しかもイミダペプチドは脳内で合成できるので、元となる栄養を摂って脳に届ければ、抗酸化力が続く、というわけです。
    特に多く含まれるのは鶏むね肉。含有量が高いので1日100 グラム 摂れば十分。
    豚ロース肉、マグロもおすすめです。

  2. 血流改善で、疲労回復の土台を作る「DHA&EPA」
    血流改善に効果的なDHA&EPA。血流を良くする食材を摂れば、脳に十分に血が巡り酸素と栄養が行き渡るので、脳を守る役目を持つ自律神経の大きな助けになります。
    サバやサンマなど青魚に豊富。保存食品であるサバ缶など手軽でおすすめです。煮汁にも栄養が含まれるので、汁ごと摂れる献立が良さそうです。

  3. 体中の酸化にアプローチ「リコピン&カロテン」
    活性酸素が出た瞬間に即アプローチ、体内に入れておけば疲れに先回りして効いてくれるのが抗酸化物質。
    トマトやニンジンなどの緑黄色野菜はその代表格。抗疲労効果は強力ですが、摂り方にはコツがあります。摂取して2時間ほどで効果が消えるので、こまめに摂ること。サラダや野菜ジュースなど、どんな形でもいいので頻繁に摂ることがポイントです。

  4. 現代人ならではの疲労に効果的「クエン酸」
    エネルギー生産効率を高めるクエン酸は、食生活が偏りがちな人には効果的な成分。特にダイエット中など、カロリー不足の傾向にある若い女性には有効です。
    レモンなどの柑橘や、梅干し、酢に多く含まれており、前出の 1.「イミダペプチド」と一緒に摂ると相乗効果が期待できます。鶏むね肉とレモン、梅干しを合わせたレシピなんかも、気温が上昇してきた今の時期に食べやすいですね。


毎日の食生活に取り入れて、疲れを早めにリセット。
自律神経を整えて、サビない身体を目指しましょう。
参考文献:
梶本 修身 先生(東京疲労・睡眠クリニック 院長)
『疲労回復の名医が教える誰でも簡単に疲れをスッキリとる方法』
続きをみる>

東洋医学における「肺」の関係 ②

昨日(東洋医学における「肺」の関係 ① )の続きです。

本来、肺はみずみずしく潤った状態を好む臓器なので、大気が乾燥してくると、肺の潤いが不足し、さまざまなトラブルがおこりやすくなります。

例えば、風邪を引きやすくなる、鼻づまり、くしゃみ、息切れ、のどのかゆみなどの鼻や喉のトラブルのほか、中医学では、皮膚も肺の一部とみなしているため、肌の荒れ、多汗、アトピーなど肌のトラブルも、肺の潤い不足が原因と考えます。

肺が潤っていると、鼻・喉のトラブルはなくなり、お肌もキレイに保てるです。

それでは、肺がいつも潤っている状態にするためには、どのような生活をすれば良いでしょうか。
1つめは、「呼吸器を鍛えること」
呼吸器を鍛えるのにもっとも有効で簡単な方法はゆっくり静かに息を吐くことです。
鼻呼吸することも大事です。イライラが少なくなります。

2つめは、「肺を潤す食べ物を積極的にとること」
肺を潤す食べ物にはいろいろなものがあります。ゴマ、くるみ、蓮根、蜂蜜、梨、金柑、ユリ根、白きくらげ、真珠、大根、かぶ、キャベツ、しろねぎ、など。

空気が乾燥してくる季節に摂れるものが代表格です。今の季節、肌の乾燥が気になるヒトは、お肌のお手入れをきちんとするとともに、呼吸と食べ物にも気をつけましょう。

3つめは、「笑うこと」
笑いというのは一種の健康のための運動です。笑うことにより、胸の筋肉を使うことになり、肺活量が増します。

中医学的には、笑いは、十分な空気を吸い、体の中の汚い空気を出すことにより、血行促進を促すので、疲労回復につながると考えられています。

最後に、「いつもよりこまめに常温以上の水をとること」
肺の機能を高めるには「乾燥」は大敵です。
肺が傷付きやすくなるのはもちろん、水分の調整や皮膚のコンディションも、上手く作用しなくなりますので気をつけなければいけません。 続きをみる>

東洋医学における「肺」の関係 ①

今回は、新型コロナウイルスの「肺炎」にちなんで、「肺」と東洋医学での関係性についてお伝えしたいと思います。

西洋医学的には、「肺」とは端的に言えば呼吸によるガス交換です
膜と毛細血管の壁を通して、呼吸による二酸化炭素と酸素の交換(ガス交換)が行われています。

息を吸えば、酸素は毛細血管を通じて体内に運ばれ、息を吐けば、二酸化炭素が出されます。
このようなガス交換は、濃度の高低によって物質が移動する拡散と呼ばれる現象によってなされております。

東洋医学における「肺」とは、正気を取り入れ濁気を排出する役割があります。
ここでの濁気には、二酸化炭素と【体内の水分】も含まれています。

肺の機能が低下すると、大気からエネルギー生成できない状態となり、肺虚となります。
肺の各機能(呼吸器系の機能、体表部の防御機能)の失調として、呼吸器や鼻、皮膚などの異常の結果、かぜをひきやすくなったり、息切れ、汗が出やすいなどの症状が現れます。

また、漢方医学において肺は呼吸だけでなく、体の水分代謝を司り、体の水分を全身に行き渡らせ、【皮膚を潤し毛を潤す】という働きも担っています

肺の機能を高めることによって、ターンオーバーが正常化し、髪のパサツキや切れ毛を防いだり、皮膚を乾燥から守り、シミやソバカスになりにくい状態を作り出します。

つまり、肺と皮膚との関係は大いにあるのです。

冬の終わりから春先や、秋頃など、乾燥気候時の影響を最も受けやすいのは、咽喉や鼻、気管支などの呼吸器と皮膚で、東洋医学では呼吸器に皮膚を含めてとらえています。

健康な人の肺は、水と血によって潤されていることで、呼吸と防御の役割を果たしています。
したがって乾燥気候によって肺の水血が不足してくると、カラ咳、咽喉の乾燥、声が掠れる、皮膚の乾燥感といった、乾燥特有の症状が表われやすくなります。

少し、長くなりそうなので今回はこの辺で。続きはまた明日書きたいと思います。 続きをみる>

自宅で出来る、セルフ灸の勧め

奥田鍼灸院は1992年4月8日に開院し、本日で開院29年目を迎えることができました。

開院当初から20年以上健康管理のために通ってこられる方々もおられ、本当に頭が下がる思いとともに責任も感じる日々です。

長年こうして続けてこれますのも、偏に当院を信頼していただき来院くださる方々のおかげだという感謝の気持ちとともに、初心を忘れることなく30年目に向けて邁進してまいります。

しかしながら、コロナウイルスが本格的に警戒されるようになりましたね。
全国的な自粛態勢もあり、自宅で過ごす時間も増えてきているのではないでしょうか。

自宅での過ごし方として、オススメしたいのが免疫力を上げるためのセルフケアでのお灸です。



「ヨモギが邪を払う」というのは以前から書いていますが、古代中国ではヨモギは重宝され、薬草して食べてきましたが、お灸としても長く使われてきました。日本に伝わってきたのは、約600年頃といわれています。

また、戦争時代においては、マラリアに感染してもキニーネ(マラリアの特効薬)が不足していたため多くの人が命を落としましたが、ヨモギの絞り汁は発熱に効くことから、キニーネの代わりに飲むことで命が救われたことがあったともいわれています。

お灸で使う「もぐさ(艾)」は、ヨモギから精製したもので止血にも用いられてきました。
昔から切り傷など肌の表面にできた傷を治す薬草として使われていましたが、傷んだ肌を表面からお手入れをしてくれる効果や血行促進効果から生じた「ヨモギ蒸し」という美容法もありますね。

自宅で出来るセルフケアのお灸では、火を使わない安全なタイプや、煙が出ないタイプ、好みの香でさらにリラックスできるアロマタイプ、など色々な種類が発売されています。ニンニク灸などの少しハードなものまであり、自分にピッタリのお灸を探してみるのも良いと思いますよ。
またもぐさを使わずに手軽にできるペットボトル温灸もおすすめです。

お灸する場所ですが、オススメは
神門(しんもん):手首手のひら側で小指の付け根にあります。
心にかかわる代表穴で、精神の安定に効果があります。

ネガティブな情報が多く、ストレスフルな毎日で不安感でいっぱいになっている方が多くおられます。不安感はそれだけで免疫力を下げてしまいます。
今はできるだけ平静な精神状態を保つことが大事です。そんな時、神門のお灸が頼りになります。

照海(しょうかい):足のうちくるぶしの下にあります。
腎の代表穴です。

これは先天の原気と言って私たちの生命エネルギーの源です。ここにお灸をすることで生命力を補い強化することができます。

神門と照海を併せることで、私たちの生命の中軸を常に強化しておくことができます。

それから神闕(しんけつ)もオススメです。
これはおへそに当たります。おへそを温めることで胃腸の働きを整え、後天の原気と言われる私たちが飲食物から得ている生命エネルギーを十二分に使えるようにします。

そしておへそのお灸は、神門とともに精神の安定にも大いに働きます。
免疫力強化には、「睡眠を十分にとること」、「栄養バランスを十分考えた食事をしっかりとること」、「適度な運動と、食物繊維をとること」、そして「精神の安定」が大事です。

もちろん経絡治療も免疫力を向上させて私たちを外邪から守ってくれます。
少しでも不安な気持ちが和らいだり、免疫力の強化につながればと思います。 続きをみる>

春のおやつは草餅(よもぎ餅)!

先日のブログで【「肝木のシーズン」の春先は、上に上がりすぎた陽気を下げてくれる旬の春野菜などを積極的にとると良い】とお伝えしましたが、この時期は「草餅」なんかもいいですね。

草餅、もしくは「よもぎ餅」とも言いますが、草を練りこんだ餅の一種で、和菓子屋さんでもお馴染みですよね。春の季語として存在するように、まさに3~5月の今が旬のスイーツ。
ヨモギの若芽の旬は今の季節。一番おいしい時期なのです。

ちょっと調べてみますと、この草餅、歴史は非常に長く、平安時代850年頃ではヨモギは使わずにハハコグサ(母子草:春の七草での御形(ゴギョウ))を用いて作られ、名称も草餅ではなく母子餅とよばれていたそうです。

一説には、「ハハ(母)とコ(子)」を一緒に搗いたり潰したりすることが縁起が悪いとして避けられ、江戸時代の頃よりハハコグサよりヨモギが用いられるようになったといわれています。

餅に草を練りこむという風習は、草の香りには邪気を祓う力があると信じられていたからですが、薬草としても重宝された野草を使った、当時の健康と七草にちなんだ食べ物でもあります。
中国ではヨモギは寿命が延びるという思想から、春の節句つまり3月3日に用いられるようになりました。

古代中国から発祥し、今でも語り継がれている「五行思想」。
冬の眠りから覚めた生き物たちが春の陽気で動き出す、それには、アクセルとブレーキの調整が大事です。それこそ自律神経。

シーズン的には「いちご大福」も迷うところですが、まずは草餅をおやつにぜひ。 続きをみる>

春の訪れ



写真は当院入口に今咲いているビオラです。
花期が長く、寒さにも強いため(低温期には青味が強くなります) 秋口から春まで楽しめます。

三寒四温。春のような天気もここ数日ありますね。
二十四節気では啓蟄(けいちつ)の時期。
土中で冬眠をしていた虫たちが、暖かい春の日差しの下に出てき始める頃です。

虫、とはいいますが、冬眠から目覚め始める「すべての生き物」のことを表しています。
もちろん、「ヒト」も含みます。

今の時期は、東洋医学では「肝木のシーズン」と言われます。
寒かった冬から暖かくなり、肝気が昂ぶると、心身にもいろんな影響が出やすく要注意です。

肝木は筋肉との関わりが大きいため、ひきつりや痛みが出やすくなります。
ギックリ腰や寝違えなども普段より起きやすくなります。
陽気の上昇は、ノボセやふらつき、めまいなどの症状を起こしやすく、精神的にも不安定になります。血圧上昇などにも気をつけましょう。

特にこの時期は、暖かくなっても下半身の冷えには気をつけた方が良さそうです。
重たい冬のファッションから軽い装いにしたい気持ちはわかりますが、足首を冷やすファッションスタイルはオススメしません。まだまだ夜も冷え込みますから、靴下を履き、足先から暖かくしてくださいね。

旬の春野菜など積極的にとると良いと思います。春の陽気の発散を助けるようにしましょう。
タケノコやワラビ、フキノトウなど、アクが強い食材が多いですが、上に上がりすぎた陽気を下げてくれます。 続きをみる>

邪気を払う、邪気とは

2月ももうすぐ終わりですね。
今年は閏年なので1日多いのですが、なんだか年明けからあっという間です。

2月の行事である節分は、立春の前日でしたが「季節を分ける」という意味があります。
『季節の変わり目には鬼がでる』といわれたことから、「鬼は外、福は内」と豆をまく慣わしや、柊と鰯の頭を玄関に飾る習慣ができました。

この柊、葉の鋭いトゲによって邪気を払う木、とされています。(老樹になると、トゲがなくなり丸い葉になってしまいますが・・ヒトも「人間が丸くなる」と云われるぐらいですからね。)

古典の記載から「不足」を 、「有餘(ゆうよ)」を 、と定義することができます。
不足と有餘は、あらゆるものを対象としています。素問や霊枢といった東洋医学の古典が編纂され、現代に至ります。

虚 とは:「邪気」と「精気」で引き起こされる生体の闘病反応が【弱い】状態
実 とは:「邪気」と「精気」で引き起こされる生体の闘病反応が【強い】状態

「邪気」は弱くても、それ以上に「精気」が弱ければ、病は発症します。
同じ「邪気」に罹患していても「精気」の強弱によって生体の反応は異なります。
逆に「精気」は一定でも「邪気」の強弱によっても生体の反応は異なります。

たとえば身体が疲れているときに(=精気が減少しているときに)寒い場所でじっとしているとカゼをひいてしまうようなものです。これは、簡単にいうと、正気が減少したために寒気が体内に入り込み、寒気が寒邪として発病因子となったということです。

東洋医学では、病の原因となるものを「邪(じゃ)」といいますね。
例えば寒邪(かんじゃ)、熱邪(ねつじゃ)、風邪(ふうじゃ)などといいますが、これらは素問・霊枢など東洋医学の古典の中に出てくる言葉で、身体に対して病を及ぼしたりするもの・原因・ひずみ(アンバランス)というようなニュアンスで書かれ、大体そのような意味だろうとして一般的に読まれていると思います。

「邪」について、現代の東洋医学の基本書では
・人体に対する障害因子を「邪気」としてとらえる。(『基礎中医学』)
・「邪気」とは、各種疾病の発病因子を指す。(『新版 東洋医学概論』)
と書かれています。

症状の原因がどこにあるのかを考察して、その原因を取り除いてゆくことが鍼灸治療になります。東洋はり医学会のコラム:「邪鬼」と「邪気」https://www.toyohari.net/thblog/4933/
でも取り上げておりますので、ぜひお読みください。

コロナウイルスもそうですが、インフルエンザや花粉症の時期です。
以前にもご紹介しましたが、当院では治療室での空気にも配慮しています。

パナソニックのEolia<エオリア>エアコンと、次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 ziaino<ジアイーノ>で院内の空気の清潔に保ち、外からの邪が入らないよう、治療環境にこだわりたいと思っています。 続きをみる>

ロンドンでの、うつに対する鍼灸治療

先日NHK総合テレビで「東洋医学ホントのチカラ」という特番がありました。
東洋医学 ホントのチカラ 冬のお悩み一挙解決SP

水曜のゴールデンタイムでの放送だったので、ご覧になった方も多いと思います。
内容は、冬にみられる心身の不調を東洋医学で解決し、ツボ押しなどのセルフケア方法を紹介するというものです。

アイドルグループやアスリートの方の、鍼灸でのメンテナンス紹介などもあり、なかなか鍼灸に対して喜ばしい内容でした。
近年3000年の歴史をもつ東洋医学の治効メカニズムが、現代科学で徐々に明らかになってきています。古代中国の知恵に、ようやく科学的なエビデンスが得られるようになってきたのだと思われます。

番組中で私が特に注目したのは、ロンドンで行われている うつに対する鍼灸治療の紹介です。

イギリスで鍼灸。しかも、うつの治療。
少々奇異に思われた方も多いのではないかと思いますが、私が所属している【東洋はり医学会】は欧米にも多くの支部があり、私の恩師である元副会長の鹿住 晴廣 先生も、ロンドンでの経絡治療の講習会に招聘され、多くのイギリス人鍼灸師を指導しておられました。

番組では、鍼灸治療でうつの症状が改善されている様子が紹介されました。
また日本においても、うつに対する鍼灸治療の臨床研究が大学病院などで始まり、その治効メカニズムとともに治療成果が7割以上の患者さんに認められたと紹介されていました。

具体的には、鍼灸治療によって、うつに深く関係しているとされる脳の前頭葉の血流が大きく改善されていることがわかってきました。また、最近のうつの発症メカニズムとして、ストレスによって脳内に炎症が起こり、この炎症のために神経活動が低下してうつが引き起こされるといわれるようになっており、鍼灸治療はこの炎症を減らしている可能性があると考えられています。

当院でも、もう何年も前から、うつや不安神経症、パニック障害などのメンタルの症状に対して経絡治療で取り組んできました。
その経験から、確かに鍼灸は心に効くのだと確信を持つようになりました。

以前のブログでも触れておりますが、東洋医学には3つの大きな特徴があります。
予防としての医学、自然と人との調和、そして心身の相関による心身医学です。

日常においても、鍼灸治療を受けると、身体が軽くなり気分が明るくなったり、億劫だったことが何ら問題なくできるようになったり、考え方が前向きになったりという声をよく聞きます。
これは経絡治療が、単に肉体に効いているだけではなく、メンタルヘルスにも良い影響を及ぼしているのだと考えられます。 続きをみる>

経絡治療の病に対する予防的な効果

新型コロナウイルスの情報が、連日報道されていますね。

日本においては現在、流行が認められている状況ではありませんが、正しい情報をしっかり把握しながら、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に一人ひとりの咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。

ところで、経絡治療を週に1度ほど続けておられる方からよく言われるのが

「鍼治療をするようになってから風邪をひかなくなった」
あるいは
「風邪をひいても寝込まずに治るようになってきた」

施術している者にとって、とてもうれしい発言です。
これは経絡治療が、免疫力向上とともに自然治癒力向上に働いている証だと考えられます。

西洋医学的に言えば、自律神経のバランスがとれることで、顆粒球とリンパ球のバランスが良い状態に保たれ、免疫力が向上していることを示します。

東洋医学では、3つの病の原因があります。

1つ目は、暑さ寒さなどの外的環境、そしてウイルスや細菌などが体内に侵入してきて起こる病を外邪による外感病(がいかんびょう)といいます。

2つ目は、外邪によるものではなく、過度の感情の変化や精神ストレスによって内を害する内因による内傷病 (ないしょうびょう)です。

最後3つ目は、飲食の不摂生や良くない生活習慣で生じる不内外因です。

東洋医学には未病という思想があります。
未病とは、まだはっきりとした病ではないが、放置しておくと病になってしまう状態のことで、東洋医学の目指しているのは、この未病を治すことだといえます。

風邪は万病のもとと言われますが、文字通り経絡治療で風邪以外の病に対しても予防的な効果があると実感しています。 続きをみる>