経絡治療臨床研究会 3月

3月の勉強会の報告が遅くなりました。

先日の日曜に経臨研の例会がありました。

今回から、また新たなメンバーが加わり、徐々に賑やかな会になってきました。

24日の内容です。



1 臓象論・腎



2 素問講読 「四気調神大論 第二」



3 鑑別診断学・月経過多



4 経絡治療基礎・一二経絡の流注



5 臨床実技



古典講読では「四気調神大論」をみんなで読みました。

この編は、東洋医学の養生法の要でもある天人合一の考え方と実践方法が説かれてお

り、予防医学の面で、今から2000年以上前に、このようなことが重視されていた

ことは本当にすばらしいことだと思います。

四気とは、四季のことで、春夏秋冬の気節に応じた生活態度と清心状態のあり方を教

えてくれており、現代でも変わりなく大切な私たちの生き方です。