補修工事



明日、鍼灸院の玄関の補修工事をしていただくことになりました。

床部分の修繕なんですが、当初は外面だけですむと軽く考えていました。

ところが実際に見てもらうと、床部分の横木から新しくする必要があることが分かり

、思っていたよりは大がかりになってしまいました。

まぁ、20数年経っていますから、あちこちと老朽化は仕方ないと思っています。

当院は、1階部分が鍼灸院で、2階3階が自宅になっています。

自宅部分は、2年前に改装しており、今回工事をお願いしているのも、その折りの業

者さんです。

玄関の補修と言っても、床下なので、工事が終わっても、あまり見栄え的には変わら

ないかもしれませんが、待合部分のクロスはかえるので、ちょっと楽しみにしていま

す。

待合部分は、もう少し広げてゆったりとした感じになればなぁと思いますが、そうな

ると全面的な改装になってしまうので、今回は先送りです。