骨盤底筋エクササイズ

 先日のNHKの朝番組で骨盤底筋について特集していました。

 なかなか興味深い内容なので、少し紹介します。

 

 今日はとことん 骨盤底筋 NHK あさイチ

 http://www.nhk.or.jp/asaichi/2013/01/21/01.html

 

 

  骨盤底筋と言うのは、お腹特にお臍から下の深い部分にある筋肉のことです。

  よくインナーマッスルと言う言葉を耳にしますが、これに相当します。

  

  この筋を鍛えることで、女性の排尿のトラブルや便秘、冷え症や姿勢の改善に効

果があると言うことで、筋トレエクササイズを二種類紹介していました。

 ゲストのドクターは、骨盤底筋を鍛えることで、排泄全般に効果が期待できるとお

っしゃっていました。



これを東洋医学的にみてみると、骨盤底筋を強くすることは五臓の腎を強化すること

になります。

東洋医学の古典に”腎は二陰を司る”とあり、二陰とは、大小便の排泄機能を指しま

す。

また五臓の腎は、先天の元気と言って、父母から授かる生命エネルギーの根元を意味

し、腎を健やかに保つことは、そのまま若さを保つことになります。

骨盤底筋の部分は、経絡では任脈・衝脈・督脈と言う三つの大事な流れが始まる部分

であり、ヨガでは第1チャクラに相当します。

鍼灸経絡治療では、腎に関わるつぼに、気を補う方法で鍼をすることになりますが、

番組で紹介されているようなエクササイズも腎の強化になると考えられます。またヨ

ガのスタンディングポーズの中にも、この腎を強化して若さを保つポーズがたくさん

あります。



現代医学を東洋医学やヨガの立間で見てみると、けっこう温故知新と言うのか、興味

深い共通点が見つかっておもしろいですね。