夏の疲れ


9月に入りました。

立秋もとっくに過ぎて、暦の上では秋なんですが、まだまだ残暑は続きそうですね。



この時期注意したいのが、夏の疲れです。

夏ばてと言っても良さそうですが、多くは夏場の冷えが原因です。

身体の倦怠感、だるさや消化器のトラブル、無気力のような精神症状まで、いろんな

障りが出やすいのが、今の時期だと思います。

また、この残暑が続く中で、ふっと涼しい日があると、とてもうれしいのですが、そ

んな時にはギックリ腰や頚の急な痛みを発症することがあります。

夏場の冷えは、クーラーによる冷やしすぎ、あるいは冷たい飲み物の取り過ぎなどが

原因として考えられます。

このところ夏の猛暑は尋常ではないので、熱中症対策としては冷やすことも必要なの

で、この当りのバランスが難しいですね。



未病を治すと言う予防医学としては、夏の間に冷えも考慮した治療が行われることが

必要で、温補の鍼や温灸が欠かせません。



夏場に冷やしすぎたとここの当りのある方は、今の時期身体を温めることを日常の生

活に少し取り入れてゆけば良いかと思います。