国際交流会


3日間の研修会を終え、昨晩帰ってきました。

今年は、最終日が創立50年の記念大会だったので、研修は3日分を2日圧縮しての

ハードスケジュールでした。

朝の9時から夜9時までぎっしりメニューでした。

いろいろと学ぶ所が多かったし、またモチベーションが高まったように感じてます。

国際交流会では、私の参加していた班には、ポルトガルから来られた女性会員が加わ

って、実技研修をしました。

何とも落ち着いてエレガントにはりをされるので感心しました。

今回も欧米から多数の支部員が参加して、インターナショナルな雰囲気の3日間であ

りました。

日本で生まれた東洋はりの鍼灸術が、着実に欧米にも根を下ろしているんですね。

残念だったのは、せっかく勉強している英会話が、ほとんど役に立たなかったことで

す。

まだまだ日常会話止まりですから、無理もないかなと自分で慰めてます。