腰椎間板ヘルニア


今年の冬は、思いの外寒かったですね。

そのような気候の影響と思われますが、腰から足にかけての強い痛みを訴えて来院さ

れる方が重なりました。

鍼灸を受信される前には、たいてい整形外科を受信されておられます。

腰椎間板ヘルニアと診断され、鎮痛剤や神経ブロックの治療を受けられていても効果

がはかばしくなく、痛みのために就寝もままならない状態で来られました。

これらの症状に対して、主に臀部から股関節部の筋緊張(実)の部分に鍼をし、気血

の流れを良くしてやる治療をしてゆくことで、当初の痛みを、比較的早期に解消する

ことができました。

一人の方は、すでに腰の手術の日程まで決めておられましたが、おそらく手術の必要

は無いでしょう。

もちろん、すべての椎間板ヘルニアが、このように鍼灸で短期間に軽快するものでは

ありませんが、鍼灸治療で軽快するケースが多く経験されます。

このことは、何を意味しているのでしょうか?

椎間板ヘルニアと診断されている中には、ヘルニアの神経根症状より、どちらかと言

うと臀部あるいは足の付け根である股関節部の強い筋肉の緊張が原因で、腰から足に

かけての痛みを生じているケースが多いと思われます。

このような場合、鎮痛剤の効きが悪い化膿性があり、鍼灸治療が奏功するものと考え

られます。

もちろんmRIで検査診断されておられるので、椎間板のヘルニアであることには間

違いは無いと思われますが、ただその症状において、ヘルニアよりも、筋緊張の影響

が大であるのだと言えるでしょう。