鍼灸・補瀉について


伝統的な鍼灸の手技(テクニック)には、補瀉(ほしゃ)と言うものがあります。

これは人の生命力を整え強化してゆくための方法で、私達の祖先が2000年以上前

に生みだし、現代に至るまで実践してきた方法です。

補瀉は、生命エネルギーの不足をおぎない強化する補法(ほほう)と、その生命エネ

ルギーの働きを妨げる邪気(じゃき)を生態から取り去る瀉法(しゃほう)の二つに

分けられます。

この補瀉によって、生命力を強化し、免疫力を向上させてゆくのが、鍼灸本来の目的

であり、存在価値だと想います。