1月の東洋はり支部会


今年の研究会活動も、昨日の総会からスタートしました。

新年早々、3名の新入会があり、さい先の良い船出となったように思います。

支部としての年間学術テーマは、昨年から引き続き「虚実補瀉」と言う鍼灸術にとっ

て、1番基本となる技術についての研究としました。

支部員の皆さんからも、いろんな建設的な意見が出されて、今年の支部会は昨年の内

容から積み上げられるような内容になるのではないかなと期待しています。

今年もよろしくお願いします。