合気と手太陽小腸経


 合気道の稽古会に行ってきました。

今までやっていた基本の体位変換は、それなりに低レベルですができるようになっ

たので、今回からはいよいよ受け身の練習をしていただくようになりました。

まぁ、これがなかなかの難関です。子供の頃はマット運動が好きだったので、たぶ

んその頃の自分でしたら楽々できたような動作でも、数十年のブランクでは、そんな

甘いものではありませんね。(苦笑)

しかし、これがしっかりクリアできないと実際の練習には入れません。

最終的には何とか形にはなりましたが、さらに自習が必要です。

次回の稽古会までにはもう少し進歩していたいものです。



 毎回いろんな気づきがあって興味深いのですが、今回は腕の使い方で一つありま

した。

腕を使っての簡単な技を教わったのですが、腕を使う際には、小指側を支点に使う

と、少しの力で大きな力が出せると言うことが実感できました。

この小指側ですが、鍼灸では手の太陽小腸経と言う経絡が流れていて、五十肩など

の場合でも重傷になると、この小指側が傷害されるようになります。

合気道でもやっぱり小指側が大事なんだなぁと、実際に身体を動かすことで納得し

ました。