異常気象




今年も集中豪雨による被害が各地で発生しています。この何年間、梅雨から夏にかけ

ての雨の降り方が、明らかに昔とは違ってきました。

日本の気候が、温帯地方から亜熱帯地方に変わってきたように感じられますね。

春夏秋冬の四季から、夏と冬だけの二季になっているようで、一年が速く感じられる

のも、その辺りに原因があるのかもしれません。

異常気象と言われて久しいですが、これが今の日本の正常なのかもしれません。

東洋的に言うと、天地陰陽の気のバランスが大きく変わってきたとなります。

特に今年の夏は、陽の気が弱く、その分、陰の気が強くなっています。

梅雨明けも例年よりもかなり遅かったし、皆既日食も、その1つの証かもしれません

ね。

自然のこのような変化は、小宇宙である私たち個人にも影響を与えるのは明らかです



体調の不良や、精神のアンバランス…注意が必要です。

夏が終わって、少し涼しくなって来る頃が最もバランスを崩しやすいタイミングにな

ります。

個人的なレベルでは、この夏に過剰に身体を冷やさないことが大切です。

鍼灸治療でも、この時期に温灸などで陽気を少し高めるようにしておくことが、これ

から秋に向けての養生法となります。