呼吸でストレスチェック

簡単に自分のストレスの状態・自律神経がみだれているかどうかをチェックする方法
があります。
息をゆっくり深く嘔けるかどうか試してみてください。

ゆったりと息が吐けるようでしたら、あなたの自律神経は安定していて大丈夫です。
息が浅く気持ちよく嘔けないようでしたら、自律神経のみだれ・ストレスに晒されて
いる可能性が大です。
ふだんから自分自身の呼吸に意識を向けて、どんな呼吸をしているかチェックしまし
ょう。

呼吸は、普段は無意識、つまり自律神経の働きによって自然に行われているものです

ストレスで自律神経のみだれが起こって交感神経が緊張状態になると、呼吸は浅くせ
わしなく速くなってきます。
吸う息は、心身を緊張させます。交感神経優位の動作。
吐く息は、心身を緩めリラックスさせます。副交感神経優位の動作です。
吐く息を、ゆっくりとなめらかに深くできるよう心がけることで、心身はリラックス
モードの副交感神経優位の状態になります。

十分に息を吐けるようになると、後は自然に息を吸えるようになります。
呼吸は、嘔くことだけに注意すれば大丈夫です。

息は、自らの心と書きますが、文字通り私たちの心のあり方を教えてくれています。
そして息は生きるに直結しています。