なみはや支部 1月支部会報告

1月28日は、東洋はり医学会なみはや支部の例会でした。
今年初の支部会は、午前に総会を開き、去年の事業報告そして今年1年間の活動計画
など話し合いました。

その中で、学術振興テーマとして「治療家の身体作り」が正式決定されました。
毎回の支部会では、午前中は主に座学を、そして午後は技術の修練習得を目標に活動
をしていますが、今年はその根幹に治療家の身体作りというテーマを掲げて一年を通
して研修することになります。
昨年のテーマは、治療時の姿勢だったので、今年のテーマはその延長線上にあるとも
言えそうです。

絵を描いたり楽器を演奏したり、歌を歌ったり等の芸術活動も、突き詰めて考えると
、それらはすべて身体による表現です。
私たちの日常生活においても、そのすべてが身体を通じて行われる表現だと言えるで
しょう。

鍼灸術も指先だけの仕事では無く、身体全体の表現としてなされる治療行為です。
鍼灸師として、また気の調整を行う経絡治療家としての理想的な身体を目指して一年
間なみはや支部は取り組んで行きます。