雨が降って百穀を潤す「穀雨」(こくう)

4月20日からは二十四節気の春季最後の節気「穀雨」(こくう)。
「雨が降って百穀を潤す」という意味です。

この頃は、暖かな雨が降り田畑を潤します。変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも強まってきます。種蒔きなどにちょうど良い季節で、昔から、田植えの準備をする目安とされていました。

雨を表す言葉はたくさんありますが、春に降る雨の呼び名、違いがわかるでしょうか?
・春時雨(はるしぐれ)
・春雨(はるさめ)

降ったり止んだりの定まらない雨は「春時雨(はるしぐれ)」
静かにシトシト降る雨は「春雨(はるさめ)」といいます。

また、激しく降るにわか雨を「春驟雨(はるしゅうう)」
花の開花を促すように降る雨は「催花雨(さいかう)」
菜の花などの花々が咲く時期の雨は「菜種梅雨(なたねづゆ)」と呼ばれるそうです。

写真は、雨の恩恵を受けずとも長く美しい状態を楽しめる、当院のハーバリウムです。
以前は1本でしたが、こんなに増えました。
院内に花や緑があると、なんだか癒されるような気がします。
通院の際に、少しでも良い気持ちになっていただければ幸いです。