舌でわかる健康状態

東洋医学では、爪などで健康状態を確認する方法があります。
今回は、簡単に今の体調をセルフチェックできる方法をご紹介します。

まず、舌をベーっと前に出してみてください。
真っ直ぐに伸びていますか?
舌を口から前に出したときに、細かく震えていたり、左右のどちらかに曲がっている場合は、体力が著しく低下している可能性があります。

《舌の色》
白っぽい:疲れやすい、貧血、虚弱体質、体の冷え
赤みが強い:体の水分不足、精神疲労
赤みが紫色:血流不良、肩こり、腰痛、生理痛

《舌の形》
舌にひび割れや亀裂がある:体の水分不足、口腔内の乾燥(唾液の分泌が少ない)、ストレス過多
舌に歯形が付いている:水分過剰によるむくみ、胃腸機能不良

《舌苔》 ※ 舌苔…舌表面に付着している白いカスのようなもの
舌苔が厚く真っ白:胃腸障害(消化不良状態)、冷え
舌苔が薄く、ほとんどない(部分的に苔がない):水分不足、アレルギー体質
舌苔が黄色い:食べ過ぎ、風邪(発熱)
舌苔が黒っぽい:極度な体力低下、高熱、抗生物質の長期摂取

本来、健康な舌は薄ピンク色で表面に薄く白い苔がついている状態と言われています。
舌苔の厚さとして、苔の下の薄ピンク色の舌の色が見えるくらいが適当とされています。

顔には体の健康状態を示す様々なシグナルが現れますが、舌は顔の中でも特に身体の状態がよく表れる部位として重要視されています。舌が大きくて分厚い人は、体も大きくガッシリした体格で、反対に小さく薄い人は、ヒョロっと痩せ型の方が多いようです。

舌はその時の健康状態がすぐに現れます。ぜひ、舌診の習慣をつけることをおすすめします。
歯磨きの際のついでにでも、鏡の前で舌をべーっとだして、色、舌苔の量を確認してみましょう。酷使している胃腸や内臓が悲鳴をあげていないか、気にかけてあげるといいですよ。