東洋はり医学会なみはや支部 5月例会報告

5月22日は、東洋はり医学会なみはや支部の例会でした。



●臨床雑話 奥田



アトピー性皮膚炎の治療について



 いろんなタイプがあって、鍼灸治療も一筋縄では行きませんが、今回の症例は。補

陽灸と接触鍼によって、皮膚表面の気を補うことで効果が出ています。

 

 これから梅雨そして夏になり、アトピー性皮膚炎の方にとっても辛いシーズンに入

ります。

今の調子で改善して行くか、経過観察と治療についても工夫が必要になるでしょう。



●3分間スピーチ 吉沢



鍼灸院におけるクレーム対応について



 鍼灸院を開業して経営する上で、クレーム対応については考えておかないといけな

いことです。

私自身、これまであまり意識してこなかったのですが、お話を聴かせていただき、そ

の必要性について気づかされました。



●基礎講義 わかりやすい経絡治療 奥田



 経絡治療の治療原則である難経75難についての解説でした。

75難については、諸説あって、これまでにいろんな論議を引き起こしてきました。

現代では、あまり75難の治療原則を実際に応用することは少ないという意見もあり

ます。

今回は、五行の相生相剋関係の理解を深める立場から、75難を学びました。



●実践講座 腱鞘炎 奥田



 手指の痛みや腫れなどの訴えを持たれて鍼灸院に来られる方は、けっこう多いです



単純なケースですぐに治ってしまうこともありますが、中には長期間腱鞘炎の痛みで

悩まされ慢性化している方もおられます。

このような場合では、経絡(けいらく)治療による全身調整が必須です。

腱鞘炎は、筋の病症に属していて、血の司り肝との関わりが深いです。

感を治療して、いかに血を動かし潤すことができるかがポイントになります。



●補瀉チェックポイント 酒見



 今回は、鍼尖(しんせん)が皮膚面に接触してから、刺入して行き抜鍼するまでの

過程です。

時間にして数秒の間ですが、ここが補瀉手技の一番微妙で難しい所だと思います。

言葉にして説明することも難しいように感じますが、これこそ練習の繰り返しで体得

することが必要です。



臨床実技 坂本・奥田



基本刺鍼練習・小里方式・奇経治療と三本立てで行いました。



 今回の基本刺鍼では、学術部長の中原さんが考えてくださった、新しい練習方法で

行いました。

限りある時間の中で、いかに効率よく練習ができるか、いろいろと試行錯誤が必要で

すね。

新しいアイデアを出してもらえることについて、とてもうれしく感じました。





次回支部会は6月26日です。

まだ正式決定されていないので、ここには書けませんが、次回支部会はビッグイベン

トになりそうです。