不眠に悩む現代人

二十四節気では啓蟄(けいちつ) 土中で冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃です。
「春眠、暁を覚えず」といいますが、不眠で悩む現代人は20%、いまや 5人に1人が慢性的な不眠の状態だそうです。(一般社団法人 日本生活習慣予防協会:統計)

時事通信が最近に行った調査では、日本人の約半数に不眠症の疑いがあり、7割の人が睡眠に不満を感じているといいます。それだけ睡眠に満足していない人が多いということです。

主な睡眠障害としては
■ 寝つけない(入眠困難)
■ 睡眠を維持できない(中途覚醒)
■ 思っていたよりも早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)
■ 慢性的に回復感のない、質の良くない睡眠が続く(熟眠障害)

どのようにしたら深く眠れるようになるでしょうか?
たいていの不眠症対策の情報は、やたらとストレスが主な原因として、【副交感神経】を高める必要性を重視しがちです。

不安やストレスを出来るだけ解消する、深呼吸する、ぬるめのお風呂に浸かってリラックスする、緊張をほぐすストレッチ・・・ しかし、これだけでは深く眠れるようになりません。

「眠る」のは「起きる」のと連動しています。
気持ちよく眠りにつけたとしても、目覚めがよくなければ、満足な睡眠 =快眠 とはいえません。
副交感神経だけに限らず、交感神経の働きが悪くなっても、眠りの質が低下するということです。

不眠の方の自律神経の状態をみると、交感神経の働きも悪くなっていることが多いのです。
基本的な考え方としては、交感神経・副交感神経の「両方」の働きを高めることが必要です。