テレビ NHK総合「東洋医学 ホントのチカラ〜科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~」

9月24日(月) 19時30分より(※21時より第2部放送予定、2部構成のようです。)
テレビ NHK総合で東洋医学 ホントのチカラ〜科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~が、放送されます。どのような内容か、非常に興味深いです。

そもそも、鍼灸など東洋医学の治療方法は、人が持っている“自然治癒力“を活用して身体の内から整えていく療法です。西洋医学に多く取り入れられている科学的な面(データ等)で実証されるというのは楽しみですね。なので今回は、東洋医学の考え方について書いてみたいと思います。

中国で生まれた東洋医学の考え方は、「陰陽五行(いんようごぎょう)」が基本です。
「陰陽」とは、この世の全てが「陰」「陽」に大きく分けられること。
「五行」とは、自然界の全ては「木」「火」「土」「金」「水」という5つの要素で構成されることです。
人間の身体もこの「陰陽五行」に当てはめられています。

五臓のうち、「肝」=木、「心」=火、「脾」=土、「肺」=金、「腎」=水、となります。
『五臓六腑に染み渡る』とは言われますが、五臓を助ける「腑」というものもあり、それぞれ「胆」→ 肝・「小腸」→ 心・「胃」→ 脾・「大腸」→ 肺・「膀胱」→ 腎、となります。

全身にくまなく張り巡らされている、体中を網の目に走る「経絡」には、「気」とよばれる心身の活動源となるエネルギーが流れています。
「気」は、「血」「水」をコントロールする働きがあります。
「血」は、血液とほぼ同じように体中に酸素や栄養、ホルモンなどを運ぶ働きをしています。
「水」は、血液以外の体液のことをいい、津液(しんえき)ともよばれます。

「気・血・水」は、人体を構成する全ての要素を含み、身体が生理的な活動を行うための基礎といえます。そのため東洋医学では、この「気・血・水」はバランスよくスムーズに流れている状態を健康とし、異常があったり滞っている状態を未病・病気と考えます。

経絡上の要所要所に点在するのが「経穴」一般的には「ツボ」、とよばれるものです。
その数360弱。身体に異常があると弱った臓腑を反映する「ツボ」に反応が現れます。
東洋医学の経絡治療は、反応が現れている経穴を刺激することで、気の流れを改善し、低下している機能を回復させるものなのです。

と、書きたいことは山ほどありますが、この辺にしておきまして・・
ちょっと予備知識を得たところで、24日の放送をご覧いただいてはと思います。