月別アーカイブ: 2016年5月

東洋はり医学会なみはや支部 5月例会報告

5月22日は、東洋はり医学会なみはや支部の例会でした。



●臨床雑話 奥田



アトピー性皮膚炎の治療について



 いろんなタイプがあって、鍼灸治療も一筋縄では行きませんが、今回の症例は。補

陽灸と接触鍼によって、皮膚表面の気を補うことで効果が出ています。

 

 これから梅雨そして夏になり、アトピー性皮膚炎の方にとっても辛いシーズンに入

ります。

今の調子で改善して行くか、経過観察と治療についても工夫が必要になるでしょう。



●3分間スピーチ 吉沢



鍼灸院におけるクレーム対応について



 鍼灸院を開業して経営する上で、クレーム対応については考えておかないといけな

いことです。

私自身、これまであまり意識してこなかったのですが、お話を聴かせていただき、そ

の必要性について気づかされました。



●基礎講義 わかりやすい経絡治療 奥田



 経絡治療の治療原則である難経75難についての解説でした。

75難については、諸説あって、これまでにいろんな論議を引き起こしてきました。

現代では、あまり75難の治療原則を実際に応用することは少ないという意見もあり

ます。

今回は、五行の相生相剋関係の理解を深める立場から、75難を学びました。



●実践講座 腱鞘炎 奥田



 手指の痛みや腫れなどの訴えを持たれて鍼灸院に来られる方は、けっこう多いです



単純なケースですぐに治ってしまうこともありますが、中には長期間腱鞘炎の痛みで

悩まされ慢性化している方もおられます。

このような場合では、経絡(けいらく)治療による全身調整が必須です。

腱鞘炎は、筋の病症に属していて、血の司り肝との関わりが深いです。

感を治療して、いかに血を動かし潤すことができるかがポイントになります。



●補瀉チェックポイント 酒見



 今回は、鍼尖(しんせん)が皮膚面に接触してから、刺入して行き抜鍼するまでの

過程です。

時間にして数秒の間ですが、ここが補瀉手技の一番微妙で難しい所だと思います。

言葉にして説明することも難しいように感じますが、これこそ練習の繰り返しで体得

することが必要です。



臨床実技 坂本・奥田



基本刺鍼練習・小里方式・奇経治療と三本立てで行いました。



 今回の基本刺鍼では、学術部長の中原さんが考えてくださった、新しい練習方法で

行いました。

限りある時間の中で、いかに効率よく練習ができるか、いろいろと試行錯誤が必要で

すね。

新しいアイデアを出してもらえることについて、とてもうれしく感じました。





次回支部会は6月26日です。

まだ正式決定されていないので、ここには書けませんが、次回支部会はビッグイベン

トになりそうです。





続きをみる>

パニック障害

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。







現代医学では、脳の興奮を引き起こすノルアドレナリンと、その暴走を押さえるセロトニンの二つの神経伝達物質のバランスがくずれることによって引き起こされると考えられています。

自律神経からパニック障害を診ると、交感神経と副交感神経のバランスがくずれ、

交感神経の過度の緊張状態が発作的に起こる状態です。







男性 30代







パニック発作を初めて発症したのは、10ヶ月前のこと、当初はそれほど悪くなかったが時間を経過するほどに悪化し、

急性胃腸炎を起こし救急搬送来院時もかなり悪い状態で、心療内科で当薬を受けておられましたが、

お薬が合わず薬を変える度に体調が悪くなる悪循環に困っておられました。







発症時から37度を超える発熱が続いており、手足に触れると暑く常に汗ばんでいる状態で、全身の倦怠感も訴えておられました。

精神的にも不安定で、いらいら感が強く夜も眠れないとのことでした。

胃腸の症状も強く、便秘と下痢を繰り返し、お腹に常に不快感があり、みぞおちから胸部にかけてのつかえ感が常にありました。

パニック発作時は、急激に強い不安感に襲われ、頭部から顔面にかけての熱感と大量の発汗がみられます。







診察すると、腹部全体が堅く緊張しており、背中の背骨に沿ってのこりが顕著に観察されました。

脈も速く打つ頻脈の状態で呼吸も浅く憔悴著しい印象でした。







精神の状態は、身体に現れていて身体を良い状態へ持って行くことで心身は改善されることをお話ししました。

治療にはある程度時間が必要であることをお伝えして、週に2回の来院を提案させていただきました。







経絡(けいらく)治療では、身体の熱をコントロールしている腎と心の経絡のバランスを取り、加えて胃腸を支配している脾の経絡の調整を中心に施術しました。。







治療開始時には、なかなか効果が現れませんでしたが、3ヶ月ほど経過して、背中の強いこりが緩み始め、お腹の緊張も少しずつ柔らかくなってきました。







その頃から諸症状が少しずつ軽くなって行き半年経過した時点では、ずっと続いていた発熱が治まり、足先は冷たく感じられるほどにまでなりました。







精神的にも安定してゆき、パニック発作も起こらなくなり、胃腸症状も改善されました。







現時点で、治療開始から1年3ヶ月を経過していますが、体温は平熱を保っていて、全体的に良好な状態です。

続きをみる>

タッピングと鍼灸治療

最近、自律神経のことを扱ったテレビ番組が多くなっているようです。

 金スマでも自律神経徹底解明・ストレスを取り除くこつと言う特番をやっていまし

た。

それだけ医学会でも一般社会でも注目度が高くなっているのでしょう。

当院も自律神経調整という観点から鍼灸治療を広く一般の方々に広めてゆきたいとい

う願いを持って日々の臨床にのぞんでいます



 そんなテレビ番組の中で、最近タッピングと呼ばれるケアーの方法が紹介されるよ

うになっています。

これは手指の腹の部分で頭部や顔面部または手足や背中などを極軽い力でリズミカル

に触れてゆくというものです。

これによって自律神経が整えられ、また不安感や鬱症状など精神的な症状にも効果が

あるということです。



 このタッピングの方法は、鍼灸治療とりわけ経絡(けいらく)治療の施術と通じる

所が多くあります。

ほぼ皮膚に触れるだけの軽微な施術を散鍼(さんしん)と呼んでいますが、これがタ

ッピングと同様の効果を心身に与えていると考えられます。



 自律神経がみだれ、ストレスを抱えている方の身体を観察していると、たいていの

場合、頭部の皮膚に緊張があったり、逆に頭部全体がむくんでいたりします。

また顎関節や耳の周りにも緊張が現れている方がほとんどです。

これを散鍼で施術していくと、緊張が取れむくみも無くなってゆきます。

経絡治療の全身調整と、散鍼で頭部や顎関節部・顔面部などの皮膚の緊張や弛緩を正

常の状態に持って行くことで、自律神経を整えて、精神的な症状の改善を自然に得ら

れるのだと思います。



 散鍼のようなリズミカルで軽微な皮膚刺激によって、セロトニンやオキシトシンの

ようなホルモンの分泌が促されると考えられています。

セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれ、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を押さ

えてストレスを和らげ精神の安定をもたらします。また夜になるとメラトニンに変化

して安眠をもたらします。

オキシトシンは愛情ホルモンとも癒やしのホルモンとも呼ばれ、、不安感や恐怖感を

減少させ、安心感と充足感をもたらします。



 セロトニンもオキシトシンも、近年とても注目され研究されているホルモンですが

、東洋医学の鍼施術の中に、そのような最新医学の智恵がすでに実践的に応用されて

きたというのはすばらしいことですね。

続きをみる>