月別アーカイブ: 2013年10月

経絡治療臨床研究会 10月


昨日は経絡治療臨床研究会の10月例会でした。



1 12経絡の病症解説



2 古典講読 「霊枢 九鍼一二原編」



3 質疑応答 不妊治療など



4 臨床実技



今、内田樹さんの武道論に関する著書を読んでいますが、鍼灸と武道が思わぬ所でつ

ながっていて、内田さんの書かれていることに大きな気付きをいただいています。

「身体の言い分」と言う3軸修正法の池上先生との対談本から「身体と時間を細かく

割る」と言うことを紹介させていただきましたが、これは武道・鍼灸にとどまらずい

ろんな方面で実際に役に立つ考え方であり、実践方法だと思っています。







続きをみる>

経絡治療 刺さない鍼 その3


yanagishitateishin.jpg

 これも刺さない鍼のテイ鍼の一つです。

東洋はり医学会会長であった故 柳下登志夫先生の考案によるもので、会発足40

周年記念大会の際に始めて配布された経緯から40周年記念テイ鍼と呼ばれています



 写真ではわかりにくいかもしれませんが、かなり長い鍼です。

 皮膚表面に接触させる鍼であっても、鍼の長さによって、その影響範囲が異なり

ます。

 長いテイ鍼は、身体の深部まで気の調整が可能です。

また手足の経穴に対しても補瀉両方に用いられます。

少し変わった使い方として、逆子の治療にも応用できます。





続きをみる>

加湿空気清浄機


 来春の花粉飛散量はかなり多いような予報がありましたね。それに中国からのPM2

.5も心配です。

敏感な人であれば1月頃から花粉症の症状が出てきて憂鬱なシーズンの始まりとなる

ようです。

花粉症にならない・なりにくい体質を作るお手伝いをするのが鍼灸治療の役割だと考

えています。

加えて花粉などの。害を直接防ぐことも大事なことですね。



 そこでより良い治療環境を目指して加湿空気清浄機を導入しました。

シャープのKCーD70と言う機種を選びました。

これ手入れも簡単そうですし、思ったよりも音も静かです。

お灸の煙にも反応して働いてくれているようで頼りになりそうな感じですが、どうで

しょう?











続きをみる>

駅伝参加


 昨日、長居公園で行われたJBMA駅伝大会に参加しました。

数年ぶりの大会参加で3.2キロ第二走者としてたすきをつなげることができました



目標タイムには及びませんでしたが、本降りの雨の中、最後まで楽しく走れて良かっ

たです。

駅伝の高揚感は日本人特有とかきいたことがありますが、確かにそうで久々の大会も

良いもんだなぁと思いました。

現状では、練習することでほぼ満足していてその後のレースにはなかなか思いが至り

ませんが、またいつかフルマラソンのスタートラインに立ってみたいなぁと思います





 



続きをみる>

経絡治療 刺入する鍼


 経絡治療”刺さない鍼”として二種類紹介させていただきましたが、今回は刺入す

る鍼についてです。

 当院では刺さない鍼の接触鍼方と皮膚から刺入する鍼を適宜使い分けて治療してい

ます。

 刺入鍼は主に銀鍼とステンレス鍼を使用しています。極細い髪の毛程度の太さで写

真ではうまく撮影できないようなのでお見せできないのが残念です。

 

 刺入すると言っても、経絡治療では極皮膚の浅い部分の施術で効果が出せるので、

実際に鍼を受けても心地よい感覚のみで痛みは全くありません。

当院の鍼は、東京の前田豊吉商店と言う鍼製作所から取り寄せています。

この前田豊吉商店は、江戸時代から続いている鍼製作の老舗です。一本一本の鍼を職

人の方が丁寧に心を込めて作っていただいています。

良い治要は良い鍼からと言うのが前田鍼のモットーだそうですが、全く同感です。

極上手仕上げと言うことで、通常の鍼に比べて少々高価ですが、もちろん完全ディス

ポとして一回一回使い捨てです。



 



続きをみる>