月別アーカイブ: 2013年5月

バラが咲きました。 2


2013_0522_103202-PICT0030.JPG

ローズ ドゥ クミコが東洋だとすると、こちらは西洋の美になるのかな。

イングリッシュローズのグラハムトーマスと言う品種です。

つるバラで、環境によっては3から5メートルに成長するそうです。

そんなこと全然知らずに購入しました。

鉢植えなので、そんなには大きくならないだろうと思いますが、どうなんでしょう?

一輪咲いて、今はまた一つつぼみを付けて次の開花が楽しみです。





続きをみる>

入梅


近畿地方でも今日梅雨入りだそうです。

例年よりも10日ほど早い入梅とか…

近頃の梅雨は、らしくないと言うのかスコールのような振り方で、嘗てのしとしと降

る風情が全く感じられませんね。

今年の夏もかなり暑くなりそうな予報ですし、暑くなり出した今頃は、身体の暑さに

対する調整機能もしっかり働いていない状態なので、熱中症など注意が必要です。

東洋医学は、元々素朴な自然観察から生まれてきた医学で、陰陽の考え方は日向と日

陰、夏と冬、火と水の関係性から引き出されてきた体系です。

春夏秋冬の四季も、大きく陰と陽に分けられます。

東洋医学が生まれた中国とは違い、日本では梅雨のシーズンが一つ加わることになり

、この時期の湿気と高温に対する養生が必要です。







続きをみる>

ローズドゥ クミコ 


2013_0514_095212-PICT0020.JPG

写真は今春初めて一輪開花したローズ ドゥ クミコです。

昨年に新苗で購入し、晩秋につぼみを持ちましたが、寒くなりすぎて開花せず、この

春に咲いてくれるのを心待ちにしてました。

やっと一輪咲いて、ほっとしています。

このバラは、育種家の河合伸志さんが作られている禅ローズと言うシリーズで、私が

応援している歌手のクミコさんが命名しました。

禅ローズは、和の価値観に根ざした独創的なバラだそうです。

私は、花のことあるいは園芸には全くの門外漢なのですが、いざ植物を育ててみると

、土のことや肥料、水やりなど、いろいろあっておもしろいもんですね。

手をかけてやるとそれなりに答えてくれるので、自分自身の癒やしになっている気が

します。

一輪終わって、次の花はいつなのか?秋までの楽しみなのか?





続きをみる>

5月 経絡治療臨床研究会


いつもは第4日曜ですが、今回は諸事情により第3日曜に 勉強会を行いました。



少人数ながら、まとまりのあり楽しい会になってきたなぁと思います。



昨日の内容です。



1 難経 第二難 切脈の部位について



2 素問講読 金匱真言論篇 第四



3 経絡治療基礎 奇経について

4 臨床実技 小里方式



素問は、今回の編で陰陽五行論が明確に打ち出されており、次編の陰陽応象大論篇に

続くことになります。

東洋医学の根管である天人相応と陰陽五行が明らかにされる重要な所です。







続きをみる>