月別アーカイブ: 2010年10月

10月の支部会


10月の東洋はり医学会の大阪支部例会も無事に終わりました。

先月の支部会の報告も書けていないので、このブログも久々の更新です。

昨日は、支部員の中で、体調不良でお休みされる方が数名おられました。

今年は猛暑が長く続いて、その後急に涼しくなって体調を壊す方が例年よりも多いで

すね。

今、東洋医学の古典である「黄帝内経 素問」と言うのを、毎日少しずつですが、読

んでいます。

まだまだ冒頭の部分なのですが、ここで説かれていることの中で大きなウエイトが置

かれていることに「天人相応」と言う考えがあります。

これは、要するに自然の在り方に、私たちの身体は常に大きな影響を受けていると言

うことです。

常に春夏秋冬の季節の変化に即して、私たちの生活も、その変化に合わせて行くこと

が心身を健やかに保つために必要であると諭されています。

今年のように、季節の流れが急激で、真夏から一気に晩秋辺りの気候になれば、私達

の心身にも大きな影響が出るのは避けられません。

この影響を、少しでもおだやかにすることが、東洋医学の知恵であり、養生の目標な

のでしょう。



来月の支部会は、いよいよ特別講習会です。

心配していた、聴講生の方も、まずまず集まりました。

実り大きい講習会になるように願っています。





続きをみる>