月別アーカイブ: 2010年2月

知覚動考!


この言葉は野口 嘉則さんの「心眼力」で初めて知りました。



知ること。

それをお覚えること。

覚えたことから行動に移す。

そして考える。



情報過多の昨今では知ることばかりが突出していて、他の覚えること、行動すること

、考えることがお留守になっているように感じました。



東洋医学的には、知・覚・考の三つは気の働きであり、目に見える動のみが血の働き

に相当します。

気と血のバランス的には、3対1ですが、行動が無ければ、何も変化は起こせません



自戒の言葉として「知覚動考」はしっかり心に留めたいと思っています。

良い響きの4文字熟語ですね。







続きをみる>